音楽の力(竹内) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 12月 19日 音楽の力(竹内)

 
こんにちは。
明治大学経営学部2年の竹内萌夏です。
 
 
 
 
さて、今日は私の大好きなものについて少しお話をしたいなとおもってます!
 
それはズバリ「音楽」です。
 
 
わたしは小さい頃から本当に音楽が好きで
ピアノを習っていたり
ブラスバンドでトランペットを吹いていたり
バンドでベースをやっていたりしました。
 
 
とまあわたしの話はこれくらいで、
 
予備校のブログなのになんで音楽のことかいてるんだよ
と思う方も多いと思います!
 
ですが
実は音楽と勉強って密接に関係しているんですよ。
 
 
少し聞いたことがあるかもしれませんが
モーツァルトの音楽を聴くと勉強がはかどるなんてことも言われています。
 
これは、モーツァルトの曲を聴くと脳にα(アルファ)波がでます。
 
(α波とは、脳波のひとつのことで、8Hzから13Hzの周波数成分に属する波形のことを呼びます。)

その波形が脳から多く出現しているときは、リラックスしている状態が多いそうです。
 
そこから、音楽療法的に
「α波がでている音楽を聞くと、リラックスできる」
→「モーツアルトの音楽はα波が多く出ており、リラックスできる」
となり、勉強がはがどると言われるようになりました。
 
このように、音楽には勉強に関して化学的に証明されている効果もあります。
 
またこれ意外にも私は音楽が勉強に与える良い影響あると考えています!
ふたつほど紹介します!
 
①モチベーションが上がる
私自身、何か悩んだり勉強が進まないときは
思いっきり好きな音楽を聴いたりして気持ちを切り替えていました。
また、東進の帰り道に思いっきり歌うことでストレス発散にも活用していました。

②集中力を高める
これは賛否両論あると思うのですが、
例をあげると、私は勉強していた時に
このアルバムをすべて聞き終わったらちょうど1時間だからそれまでには絶対に終わらそう!と考え、集中力をより高めていました。
 
しかしながら、音楽を聴きながらの学習は
かならずしもメリットばかりではないのです。
(音楽ばかりに集中してしまったり、テスト中に音楽が耳に残ったままで集中できなくなるなど。。)
 
ですが、音楽というのは世界中で共通の娯楽であり人々に安らぎを与えてくれます!
そして、不思議と人々に力をくれるものではないのだろうかとわたしは考え、
それは受験勉強においても力を与えてくれるものだろうと思っています。
 
ぜひ、音楽の力を活用してみてください^ ^
 
 
明日のブログは上智大学の菊地担任助手です!お楽しみに!