難関大ホームルーム(村山) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 10月 31日 難関大ホームルーム(村山)

 

みなさんこんにちは!

立教大学2年の村山亮太です。

 

いよいよ10月も終わりを迎え、明日から11月に入ります。

今年も残すはあと2ヶ月のみです。これから気温がどんどん下がってくるので、体調管理には気を付けていきましょう!

 

さて、この節目の時期である今日に新宿エルタワー校では難関大ホームルームが行われました。

↓写真は会の様子です。

 

 

新宿エルタワー校恒例のイベントですが、今回が今年度は最後になります。

 

これから大きく分けて2点、会の内容について書きたいと思います。

 

基礎基本の徹底をもう一度確認

11月に入ると多くの受験生は過去問演習を本格的に開始します。

志望大学の過去問は難解な問題が多く、高得点を取ることが困難なイメージがありますよね。

ですが、全ての問題がそのように難解な問題というわけではありません。

 

もちろん、受験生なら誰でも解けるような問題も出題されます。

この誰でも解けるような問題を間違えてしまうと、それだけ他の受験生と差が開いてしまい合格が難しくなってしまいます。

 

この誰でも解けるような問題こそが、基礎基本の内容です。

つまり、過去問演習を行うことで難しい問題に目が行きがちですが、そういう時こそ基礎基本に立ち返って勉強することが重要です!

これからの学習は今までより増して計画性が大切になってきます。

計画的に過去問演習と基礎基本の徹底を両立していきましょう!

 

②大学受験は中間目標

私は大学受験の意義とは大学に入ることではないと考えています。

一番大切なのは、大学に入った後もしくはそれより先に何を成すかです。

 

大学受験という経験を通して、自分の将来について自ら考え、そして実行できるような人になってほしいと思っています!

大学合格はゴールではありません。その先の夢や目標に向かって頑張っていきましょう!

しかし、まずは目の前の大学受験に全力で取り組むことが重要です。

今日の難関大ホームルームで聞いた内容をもう一度振り返り、これからの学習に取り組んでみてください。

 

校舎のスタッフ一同、全力で応援しています(^^)

 

 

明日のブログ担当は早稲田大学の山上担任助手です。

お楽しみに!

 

各種お問い合わせ