過去問の演習で大切なこと(石川) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 9月 1日 過去問の演習で大切なこと(石川)

 

みなさんこんにちは。

中央大学一年の石川です!
 
 
みなさんお元気ですか?
 
あっという間に、夏休みが終わりましたね。
 
新学期も新たな気持ちでどんどんぶっ飛ばしていきましょう!
 
今日は、夏休みが終わり、9月になったということで
 
受験生の皆さんの多くが取り組み始めるであろう
 
過去問演習について、大切だと思うことを私の経験を踏まえてお話します!
 
 

一、第一志望校の過去問を全科目解く。

 
みなさん第一志望校の過去問は解きましたか?
 
自分と第一志望校の差をしっかりと認識し、
 
自分に足りないものは何か
どういう対策をするべきなのか
 
今後の動きを明確にしましょう。
 
 

二、志望校対策講座を侮るな!

東進生の多くは、志望校にむけて志望校対策講座を受講します。
 
私も去年この講座を受講しました。
 
会話文、空欄補充、など、問題に特化した授業があります。
 
これは、第一志望校の問題を解けるようになるために必要な授業です。
 
私は去年、
授業がたくさんあり、義務感のようなものを感じてしまい
『あぁ、量多いなぁ。』
と感じていました。
 
しかし
目の前の一つ一つの授業に手を抜かず、意義を見出して取り組むことが本当に大切だと思います。
 

三、大切なのは量×質!

 
これからみなさんは過去問を本格的に解くにつれて、第一志望校の他の学部なども解くことになると思います。
 
私は焦りのため、過去問の量ばかりを追い求めて、質が伴っていなかったと思っています。
 
大切なのは解いた後です。
復習をして次解く時には同じ問題を間違えないようにする。
また解けなかった問題はどうやったら解けるようになっていくのか。
 
しっかりと対策をしましょう!
 
楽なことではないですが、しっかりと現実と向き合い第一志望校への道を歩んでいきましょう!
 
最初から、過去問で手ごたえを感じるひとはほとんどいません。
 
大切なのは、今後の1つ1つのアクション!
 
これから過去問演習、志望校対策を第一志望校合格のために頑張っていきましょう!
 
明日のブログは慶應義塾大学の高村担任助手が更新します!お楽しみに(*^_^*)