過去問の極意(澤田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 12月 31日 過去問の極意(澤田)

こんにちは!日本女子大学文学部の澤田です。

なんと今日で2017年が終わってしまいます!(早かったですね、、、)
皆さんにとって2017年はどんな年になったでしょうか??

私個人としてはとても新鮮な1年になりました。
去年の今頃はまだ勉強をしており、初めて大学受験をし、大学生になり、担任助手をやらせていただき、初めての環境で様々な人との出会いがありました。

改めて振り返るととても濃い1年に感じます。

さて、皆さんも今年を振り返ってくれたと思います。


そこで、今回は大学受験でも必要な『振り返り/分析』に焦点を当てたいと思います。

————————————————————

目次
①大学受験で必要なのは『振り返り/分析』?
②1月1日のエルタワー校使用の注意

————————————————————

 

①大学受験で必要なのは『振り返り/分析』?
みなさん模試や過去問を解いたときに振り返りや分析は行ってますか??
模試や過去問は解いただけでは点数は上がりません。

一番大切なのは解いてそこからどうするかということです。

模試で間違えた問題を次解く時には正解にしなければなりません。そのためどのような勉強をしていけば点数とれるようになるのかを振り返るのです。
そして、高得点を取るためには敵(=問題)を知らなければなりません。

問題の内容を事前に知ることは不可能でも、問題の形式を知ることはできます。それが分析です。
自分の志望がどんな問題を出してくるのか、特に私立の問題はあまり形式が年ごとに変わらないため分析がしやすいです。
この分析をすることでどこの範囲が出題されやすく、どこがされにくいのかわかるため、どこの範囲を勉強すればよいのかが明確になります。

例えば空欄補充が苦手なのであれば、その問題点は語彙力にあるのかもしくわ内容理解が乏しいのかわかります。

(語彙力が問題)→センター1800が忘れ気味→(どうするか)→高マス1日1000回声に出してやる、類義語をまとめる等

このような感じで自分の問題点と向き合っていきました。

センター試験等は過去問を解く回数が多いため自然とできていることもありますが二次試験はこの作業が必須になるので気をつけてください。

↓ちなみに私は『過去問分析シート』を使ってまとめていました。

このシートが欲しい人は誰でも渡すことができるので、受付で言ってくださいね(^^)/

②1月1日のエルタワー校使用の注意
明日1月1日はエルタワーのビル自体がやっていないため、休館となります。
また、ナガセ西新宿ビル8階は朝9時半~夜19時まで使うことができます。
※ナガセ西新宿ビルはパソコン数、席に限りがあるためご注意ください。

新年は1月2日~エルタワー校も開館しております。皆さんのご来校お待ちしてます(*^-^*)

それでは良いお年を!!

明日のブログは明治大学の伊藤君です!お楽しみに!