計算力、身についてますか?(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 3月 29日 計算力、身についてますか?(樺)

 

こんにちは、中央大学理工学部物理学科に通っています、新大学2年の樺晋之輔です!

 
昨日、「英語」の高速基礎マスターについてのブログでしたね!
みなさんしっかりと目を通しましたか?まだという方はぜひ下記のリンクから読んでみてください!
 
さて、今日のブログでは理系担任助手の僕から「数学」の高速基礎マスター、「数学計算演習」についてお話ししようと思います!
 

目次

 
1、数学計算演習とは
2、オススメの活用法
3、計算力、身についてますか?
 

1、数学計算演習とは

 
英語の高速基礎マスターと同じく、数学計算演習も単元・レベル別に分かれています!
 
基本編は上記の6つで、学校で配られる問題集の標準レベル~センター試験レベルです!
 
上級編は上記の3つで、問題集の応用レベル~私立一般・国公立二次レベルです!
 
出題内容は、名前の通りの単純な計算問題や図形の問題などなど幅広く、解答は形式になっています。
 

2、オススメの活用法

 
僕の思う、数学計算演習の良い活用法を紹介します。
 
それは、「模試の復習として使う!」です!
 
なぜ模試の復習として活用できるのか?
それは、数学計算演習は単元ごとにステージが分かれているので、自分が苦手な単元やミスが多かった単元を徹底的にトレーニングすることができます!
さらに、各問題に時間制限がついているので、センター試験で必要になる計算スピードを付けるにも最適です!
 

3、計算力、身についてますか?

 
「確率の最後の大問が枠に合わなかった」「最後の微分の計算が合わない」
模試の度にこう感じている人いませんか?
 
そんな人たちに質問です。
「計算力、身についてますか?」
 
数学力を高める最初の武器は、「圧倒的計算力」です。
計算力をつけてこそ、二次試験の応用的な問題も突破していけるようになります。
 
数学計算演習なら、時間制限がついていて計算スピードも一緒に高めていけます!
 
また、夏になると過去問の演習に入っていくので、今の時期に数学計算演習に取り掛かって基礎力を身につける必要があります。
 
ぜひすぐに活用していきましょう!
 
明日のブログは澤田担任助手が書いてくれます。お楽しみに!