基礎ってなぜ大事?(菊地) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 4月 4日 基礎ってなぜ大事?(菊地)

こんにちは、上智大学2年生の菊地恭輔です!

 

 

4月に入り、新学年へと変わり、色々と楽しい時期であるでしょう!

今日は今の時期に必要な基礎についての話をしていきたいと思います(^^)

基礎といえば受験にとって最重要であるものだと思います。

例えば英語であったら単語、熟語、文法、数学であったら公式などなど色々ありますが、これをやらないで応用問題、第一志望校の問題を解こうとする人はさすがにいないはず。

今みなさんが受験勉強をしているものはこの基礎の問題が多く、担任、担当の方に基礎をしっかりとやるように口酸っぱく言われてると思います。

なぜこんなにも基礎をしっかりとやらないといけないのでしょうか?

例えで考えてみると

1人は基礎をしっかりと勉強していて、もう1人は基礎は出来るけど勉強はそこまでしていない人がいて、どちらも基礎の問題のテストを満点で取れるくらいのレベルだとします。

満点を取れれば大丈夫じゃんと思うかもしれませんが、これが基礎+応用だった場合どうなるでしょうか。

もちろん基礎をしっかりとやった人のほうがやっていない人よりも多く問題を終わらせられます。

そんなことは当たり前だと思う人もいるかもしれないですが、なぜ多くの問題を解くことができるのかわかりますか?

それは基礎を早く終わらせることが出来るからです。

基礎の問題を何回も何回も解き、頭に染み込ませることによって基礎の問題をはやく終わらせることが出来るからです。

ゲームでも同じ場面を何回もやればおのずと簡単にそしてより早く終わらせることが出来るのと同じですね!

だから基礎は受験の土台になると言われてるんです!

東進の基礎のコンテンツといえば高速暗記などがあります。

これを完璧にするのとなんとなく覚えるだけでは解くスピードがまるで違います。

また今やっている授業も予習、復習をしっかりとやることによって頭の中からサッと出てくるものが増えてきます。

そして追い打ちをかけるようですが、夏休みにはセンター試験の対策があるため基礎は夏前までには終わらせなければいけません。

大変ですが

基礎は誰にも負けないくらいやった!

と言い切れるくらい勉強して頑張ってください!

 

明日のブログは綱分担任助手です、お楽しみに(^^♪