英語苦手な人へ! | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 3月 4日 英語苦手な人へ!

こんにちは!

本日のブログを担当する慶應義塾大学2年生の松尾淳平です。

よろしくお願いします!

今日は『英語に苦手意識を持っていたり、得意としていない人』を対象に、英語の苦手意識を克服するために、『なぜ(why)、何を(what)、どうやって(why)、行っていくのか』をお伝えできたらなと思います。

今日はこの瞬間だけでも、英語に対するマイナスイメージを一旦フラットに、リセットして聞いていただけたら、幸いです。( ^_^)/~~~

では早速、まず

みなさんいつから英語に苦手意識を持ち始めましたか?

おそらく以下3パターンのいずれかに皆さんは分類されるのではないでしょうか?

パターンA

中1から中3くらいの基礎を固める時期に学校の授業をなんらかの理由で聞いていなくて、いつのまにか全くついていけなくなってしまったAパターン。

おそらくみなさんは結構こちらに該当するのではないのでしょうか?

次にパターンB

そこそこ真面目に授業は聞き、ある程度の勉強はしていたつもりだったが、外部模試ではもちろん、学校の成績でも散々な結果を出してしまうタイプB

最後にパターンC

学校のテストではしっかり成績が取れるが、

外部模試では点が取れない。その結果、学校の勉強はきちんとしてるのに、外部の模試は点数が取れなくて、苦手意識を持ってしまう。これがパターンCです。

おそらく皆さんはパターンAかパターンBだと思います。

それでは、なぜこのような問題が起きてしまうのでしょうか?

分析してみると、

-why-

それぞれの問題点を端的にあげると

パターンA:学校の授業のペース、進捗に合わせて学習しても基本が全く抜けているので、全く理解できないこと。

パターンB:そこそこ時間はかけているが結果が出ない。勉強の方法に問題がある可能性が高い。(ノートを見返しただけで全てを理解できる天才はいませんよ!)

パターンC:学校のテストはできるが外部模試ができないことの原因は、復習の方法は大方あっているが、学校の定期テストのタイミングでしか復習をしてないことが原因。つまり改善すべきは復習のタイミング、頻度の問題。

です。

それでは、上記を参考に何を解決する必要があるのか、述べていきます。

-what-

パターンAでは、

「学校の勉強のペースより早いペース」で基礎基本をやり直す。

着目するのは「学校より早いペースで」という点。学校より遅いといつまでたっても追いつけないし、そもそも受験に間に合いません。

パターンB

復習の方法の大幅な刷新

パターンC

復習のタイミングの刷新

まとめたところで、

これらをどうやって行っていくかおそらく皆さんが知りたいのはここだと思います。

-How-

パターンA

こちらはもうやるしかないです!笑

ただ、独学で行うのも不完全になりがちであるし、既存の予備校だと週1、多くても週2が限度でしょう。これでは学校の勉強よりペースが遅いですね。だからこそ、是非みなさんにやっていただきたいのが、映像授業です!かなり宣伝みたいになってしまっていますが、実際自分のペースで自分の好きなように進められて、そしてわからないところも何回でも聞けるのって英語が苦手な人は非常に魅力的じゃないでしょうか?後で告知しますが、今東進では新年度招待講習を行っています!無料で2講座受けれるので、英語が苦手な人は是非校舎にいらしてください!

さて次に

パターンB

これは人にもよるので、一概には言えないのですが、復習が完璧な状態はどういう状態かを教えたいとおもいます。それは

「自分で言語化して、全て説明できる状態」です。何言ってるの?と思うかもしれませんが、文法問題を1つ取ってきて、正解の選択肢が正解の理由と、それ以外が不正解な理由を友達でも家族でも説明して見てください。どうですか?意外とできないんですよ!言語化するという作業は自分の頭で理解していないとできないので、これから復習が完璧か知りたかったら、説明できるかな?って試して見てください!

最後にパターンC

これは人にもよります。ただ、1つの指標としてみなさんに知っていただきたいのが、どんなにちゃんと覚えても、次の日には30パーセント、一週間後には25パーセントしか覚えれない。ということなんですよ。この現象はエビングハウスの忘却曲線と言われていて、どんなに頭が良くても逆にどんなに悪くても平等に一回覚えても絶対に忘れてしまうってことなんです。大事なことは復習を何度もやって行くことで、忘れにくくなるってことなんです。ウォータールー大学の研究によると最適な復習のタイミングは1日後、1週間後、そして1ヶ月後だそうです。なのでこれを元に復習してみるのがいいんじゃないでしょうか?

長くはなってしまいましたが、

何をするにも学校の成績や外部模試で結果がでないと、英語の苦手意識は無くならないですよね。

だからこそ、何としても結果を出して欲しいと思っています。逆に少しでも結果が出れば少しずつではあるかもしれませんが、苦手意識も克服されると思います。

なので、とりあえずは3ヶ月続けてみて欲しいなと思います!(結果が出るのは3ヶ月努力が必要だと言われている)応援しています!

最後に現在、東進ハイスクールでは、新年度招待講習を行っています。具体的には、東進の講座を無料で2つ受けられます!本当なら一つの講座は20コマですが、それを5コマに圧縮したのを受けてもらって、東進を体験してもらおうという趣旨のものです!ですが、招待生だからと言って優しくしません!と言っては嘘になりますが、内部生と同様の指導を行っていくつもりです。なので、ぜひ仮の東進生として、一緒に勉強しましょう!お待ちしております!