自己分析について(井出 健裕) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 4月 2日 自己分析について(井出 健裕)

初めまして!今春から早稲田大学法学部に進学する井出 健裕です。

 

センター英語演習会は如何でしたか? 悔しい思いをした諸君、自身を深めた諸君、結果によって様々でしょう。

 

しかし、最も意識を傾けて欲しいのはその結果ではなく、復習と自己分析です。演習会が終わってすぐに復習を行いましたか?ぜひとも、テストのすぐ後に復習を行う習慣をつけてください!

 

「センターのような簡単なテストごとき、復習しても得られるものは少ないでしょ。」 なんて声が聞こえてきそうですが、引き続き読み進めて頂けると嬉しいです。

 

 簡単な知識と多少の読解の集合であるセンター試験ですが、私たちはミスをします。その原因には二種類あります。

 

ひとつは「単に知識を知らなかったため」という原因。もうひとつは「条件や文を見落としていたため」や「マークの箇所を間違えたため」などの大抵は「うっかり」の一言で片づけられてしまう原因です。

 

今日は普段はあまり焦点を当てられない後者が原因のミスに目を向けたいと思います。

 

このミスは幾つかの類型はあるものの、常には明確で決まった形を取らないため非常に厄介です。

 

私自身、センター直前期までこのミスに悩まされました。

 

どうすれば解決できるのでしょうか?

 

 そこで登場するのが自己分析です。

 

人によって様々だとは思いますが、私が行っていた、おそらくもっともオーソドックスな対策を紹介します。

 

それは ‘‘うっかりミス‘‘をするたびにその原因を突き詰めて考えて、手帳に書き留め、テストの直前にざっと見る というものです。

 

一度のテストで得られる教訓は僅かですが、「塵も積もれば山となる」という言葉にあるとおり、学校の小テストまでも掛け合わせるとみるみる数が増えました。加えて意外にも自分が同じような原因で何度もミスを繰り返していることにも気づかされました。

 

この手法を2、3ヵ月徹底したお蔭で、なんとセンター試験本番の英語では運に助けられた部分もあったものの満点という結果を残すことが出来ました!

 

さて、今日は自己分析について少しばかり書かせて頂きました。皆さんの学習の一助になれれば幸いです。

 

明日のブログ担当は阿部桃子担任助手です。お楽しみに!

 

また、本日参加できなかった人は、模試に向けて、しっかりと勉強しましょう!

 

今回は英語のみでしたが、センター試験は総合力です!

多くの人が苦手とする数学などでも模試でしっかりと結果を出せるように、頑張りましょう!

きっと人それぞれやるべきことが色々とあると思います。

そこで必要なのは毎日の計画です!

計画的に勉強を進め、新年度最初から良いスタートが切れるように頑張っていきましょう!

 

明日のブログ担当は北川担任助手です!お楽しみに!(^○^)