自分を見つめる時間(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 12月 11日 自分を見つめる時間(樺)

こんにちは、中央大学理工学部物理学科樺晋之輔です!
 
12月に入り約2週間が経ちました。この時期は、学校のテスト真っ最中の人やもうすぐテストだという人が多いと思います!
 
受験生はテスト勉強と同時にセンター試験・二次試験に向けての勉強を進めていかなければいけません。時間配分を考え、効率よく勉強しましょう!
 
また1.2年生は受験生になったときのことを想定して、テスト勉強だけに集中するのではなく、受講や高速基礎マスターに触れるようにしましょう!
 
効率よく勉強できていないと感じたり、困ったことがあったらいつでも担任助手に頼ってください!
 
さて!今日のブログのテーマはタイトルにある通り、「自分を見つめる時間」についてです!
このブログを読んでいる人全員にこのテーマについて考えてほしいと思うので、ぜひお付き合いください!
 

目次

 
1.このテーマを取り上げた理由
2.伝えたいこと
3.まとめ
 
 

1.このテーマを取り上げた理由

 
みなさんの想像する「大学生活」はどのようなものですか?
 
「めちゃくちゃ遊べる!」とか「好きなことができる!」とか楽しいことをイメージする人や、「勉強が難しい」とか「単位を取れなきゃ留年」とか少しマイナスのイメージを持っている人がいると思います。
 
もちろん大学の授業も大事なのですが、僕がそれ以上に大事にしているのはプライベートな時間、言い換えると「自分を見つめる時間」です!
 
例えば、自分が大学に入ってやりたかったことは何か?とか、自分の興味のある分野の本を読んだり(→ぜひ先日の中山担任助手のブログを読んでみて下さい!)、大学生になり自由な時間が増えたことで自分を見つめ、これから成長していくために出来ることを模索しています。
 
ここで一つ質問です!「自分を見つめる時間」が必要なのは大学生だけでしょうか?
 
答えはNOです。みなさんも自分を見つめる必要があります。
このブログを読んで、みなさんに少しでも自分のことを見つめてほしいと思ったのがテーマに挙げた理由です。
 
では次のパートで、皆さんにとっての「自分を見つめる時間」とは何か、ひも解いていこうと思います!
 

2.伝えたいこと

 
~To受験生~
受験生にとってこれからの1,2ヵ月は勝負の時期になります。
 
そんなみなさんにとっての「自分を見つめる時間」とは、「今までの自分の努力を振り返る時間」です!
 
東進に入学し、今までがんばってきた自分を振り返ってみましょう。もちろんもっともっと努力して入試本番を迎えるべきですが、ひとまず今の時期に今までの頑張りに自信を持ちましょう!その自信が最後の最後まで皆さんを支えてくれます。やるべきことは人それぞれですが、目指すゴールはみんな「第一志望合格」です!担任助手全員の思いも同じです!自信を持って取り組みましょう!
 
~To高校1.2年生~
東進生のみなさんは、校舎で新高校2年生、新高校3年生と呼ばれていますよね?
そんな皆さんにとっての「自分を見つめる時間」とは、「一年前の自分と一年後の自分をイメージする時間」です!
 
一年前までは中学3年生、高校1年生だった皆さん。自分では分からないくらいの力を身に着け、成長してきたはずです。そんな自分をほめてあげましょう。人間はなんといっても褒めて伸びるタイプです(笑)。
 
そして、一年後には高校2年生、受験生になる皆さん。どんな姿で勉強しているでしょうか?また、どんな生活を送っていたいですか?人それぞれ思うことがあるでしょう。理想の自分像を叶えるために、今できることは何か真剣に考えてみて下さい。そして即行動に移しましょう!時間はあっという間に過ぎてしまいます!
 

3.まとめ

 
長々と書かせていただきましたが、いかがだったでしょうか?少しでも共感してくれる方がいれば幸いです。
この時期だからこそ、自分を見つめてみましょう!これからの成長のために!!
 
 
ここでみなさんに朗報です!自分を見つめるきっかけとなるイベントが、エルタワーにて近日開催されます!
それが「新年度スタートダッシュホームルーム」です!
 
自分を含むエルタワー校の1年生担任助手がチームに分かれ、自分たちの思いや大学生活について、みなさんのためになることをお伝えするホームルームを行います。
期間は12/18(月)~12/22(金)の19:00~19:45(金曜日のみ30分遅れ)です!たくさんの方の参加をお待ちしています!エルタワー校のいたるところに紹介掲示が貼ってあるので、見てみて下さい!
 
(自分を見つめる新開担任助手)
 
明日のブログは、日本女子大学澤田担任助手が書いてくれます!お楽しみに!