緊張を自信に(新開) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 1月 6日 緊張を自信に(新開)

こんにちは!上智大学の新開です。

 

みなさんは年末年始どのように過ごしましたか?自分は高校の友達と三重で年越しをし、伊勢神宮に初詣をしに行きました!!赤福や松阪牛などおいしいものを食べて楽しい年末年始でした。

 

↑皆さんが力を発揮できるように伊勢神宮でお祈りしてきました

 

さてさて、ここから本題に入るんですがセンター試験本番まで、今日でちょうど一週間となりました!!受験生のみなさん、今どんな心境ですか??

 

おそらくほとんどの人が不安だったり緊張していると思います。また、センター試験で思うようにいかない原因の多く当日に緊張してしまい、実力が発揮できないことにあると思います。

 

そこで今日は「緊張を克服する方法」について自分が野球部に所属していた経験から書こうと思います。

 

1.「緊張」のイメージを変える

みなさん、「緊張はよくないものだ!」とマイナスイメージを持ってないですか?実は、緊張は自分の力最大限発揮するために必要不可欠なものなのです!また、緊張するという事は自分がそのことに本気で取り組んでいるからであって普通の人だったら誰でも緊張するし、当たり前のことです。

 

ですから、緊張した時は当たり前のことだと思ってください。むしろ、今まで自分は本気で勉強してきたんだと自信をもっていいと思います!

 

2.張り切りすぎない!ありのままで

「センターまで〇日だ!!頑張らねば!」、「あと〇日しかな..やらなきゃ!」と思ってセンター試験の事だけに100%意識がいってしまっている人がいるかもしれませんが、それはかえって逆効果だと自分は思っています。

 

一週間前とかからそのような状態だと本番までに精神的に疲れます。かえって自分で自分を追い込んでしまっていると思います。自分の感覚では、試験前日の夜から少しづつセンター試験への意識の度合いを高めていって試験直前に120%にするのがベストだと思います。

 

例えば、

 

・試験前日 意識の度合い10%ぐらい 寝る前に自分が問題をすらすら解いてる姿を寝付けるまでイメージする。

 

・当日の朝 30%ぐらい 

 

・試験会場までの道 50%ぐらい 

 

・席に座る 80~100%ぐらい 

 

・問題配られる 120%にもっていく

 

分かりずらいかもしれませんがこのように少しずつ自分のモチベーションを上げていくといい緊張状態で試験に臨めると自分は感じていました!参考にしてみてください。

 

明日のブログは立教大学島本です。お楽しみに~