緊張しない方法は…(海部) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 12月 24日 緊張しない方法は…(海部)

こんにちは!慶應大学1年の海部です!
 
センター試験までもう残り20日を切りましたね…!!受験生のみなさん、いよいよです。今の心境どうですか?「大丈夫かな…?」「緊張するなぁ」と思う人はかなり多いと思います。
そこで、今日のブログでは本番においてどう緊張と向き合っていくかについてお話します!
 
 
単刀直入に言うと、受験本番で緊張しない方法、
 
 
そんなものは存在しません。
 
 
みなさんはこの1~3年間志望校に合格するため、それだけのためにあらゆる事を犠牲に勉強に励んできたと思います。それがたった一回のテストで全て試されますわけです。そんなの緊張しないワケがないし、たとえどんなにハートが強い人でもいざ目の前に問題がおかれるとドキドキするものです。(問題配られてからしばらく待たされるのでこの時間結構ドキドキします。笑)
なので僕としてはむしろ緊張する前提で、そしてそれを想定した上で試験に臨んだ方がパニックにならないと思うのでオススメします。
 
僕自身、今通っている慶應義塾大学の入試で、
2/13 経済学部
2/14 商学部
の順で2日連続で受験したのですが第一志望校だったこともあり、初日の経済学部の試験でその前に受けた併願校とは比べ物にならないほど緊張してしまい、最初の科目の英語で時間配分を大幅にミスる等上手く力を発揮できませんでした。
 
その経験を踏まえて、翌日の商学部の試験では緊張することを想定していたのである程度落ち着いて受験できました。
 
皆さんには僕と同じようにパニックになる経験をしてほしくないです!なのであらかじめ本番では緊張するということを想定しておきましょう
 
 
他の少しでも落ち着いて受験に挑むためのポイントとしては、本番という極めて非日常的な状況の中にある不安要素をなるべく取り除いておくことです。1つ例を挙げると受験会場や途中のルートの下見があります。道のりを把握しておくだけでも安心感は全然違います。そんなことしてないで勉強したい!という人もせめて乗換駅でのルートの把握は必ずやっておきましょう。
 
あとはもう試験が始まったら目の前の一問一問に全力で食らいつくだけです。結局テストで点を取ったやつが勝ちます。「もうだめだ…」と思っていても蓋を開けてみたら合格してたなんてことも全然あるのでなにがあっても絶対に諦めず、1点でも多くとりにいきましょう!
 
 
明日のブログはクリスマスイブもクリスマスも勤務している中央大学樺担任助手です!明日はいよいよクリスマスということでその内容に期待しておきましょう!!