私の夏休み(北川) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 8月 21日 私の夏休み(北川)

こんにちは!早稲田大学政治経済学部1年の北川千裕です!

今回は私が受験生だったとき、どのくらい夏休みに勉強していたのかについて話したいと思います。

 

去年の夏休み、、、私は一瞬でも無駄にしないように「常に勉強!!!」ということを意識していました。

1分1秒でも勉強していない時間があると、「この時間がもったいない!」「勉強しなきゃ!」と焦っていたほどでした。

ここから詳しく、私の夏の過ごし方について話したいと思います。

 

その壱、私の夏~朝編~

5:00 起床→単語帳をやりながら朝食。前日の過去問演習の復習、高速基礎マスター

6:30 出発(自転車にのって目を覚ます)

7:00 開館から東進で勉強!!


私は朝、毎日センター数学ⅠAとⅡBの問題を1年分ずつやっていました。なぜなら、数学をやっていると眠気がとぶから!時間帯で勉強する科目を工夫してみるのも一つの手です(*^^)v


朝はこんなスケジュールです。。。
早朝に起きて、東進に行く前にも前の日にできなかった勉強をしたり、単語帳を出来る限り進めるなどしていました。

実際の入試試験も朝から始まる、ということを意識して、朝から自分の頭をフル回転させるトレーニングをしていました。

 

その弐、私の夏~昼編~

13:00ごろ 単語帳、教科書を読みながら昼食

13:30~ 勉強再開!


午後は基本的に社会や国語、英語をやっていました。私は、ご飯を食べると糖分が頭に回って集中できるので、教科書や読解など読み物系を多めにやっていました。
私は友達と会うとおしゃべりしてしまうので、お昼の時間になるべく人と会わない時間にご飯を食べていました…。
 

もちろん、ご飯食べているときも片手に参考書は欠かせません。
本気で頑張っていたので、昼食を食べた後でも全く眠くならずに勉強していました。

 

その参、私の夏~夜編~

21:30   閉館→帰宅

~22:00 お風呂で参考書を読む
       ドライヤー中に参考書を読む

~11:00 勉強(その日の復習、その日に終わらなかったものをやるなど)

11:00  就寝

 


私はお家に帰ってからも勉強していました!!まあ、受験生の皆さんは当然帰っても勉強してますよね…?
家に帰って1時間でも勉強すれば、日々の積み重ねで周りと大きく差をつけられます
勉強に力を入れながらも、毎日6時間は寝るようにしていました。
遅くまで勉強して、次の日に眠くて集中できないのはもったいないです。
この生活リズムを、私は夏休み中ず―――――っと崩さずに過ごしていました。
そのおかげで、全く体調を崩さず、眠くもならずに勉強に取り組めました。

 

みなさんは自分の時間を余すところなく勉強につぎ込めているでしょうか??

夏休みも残り少ないですが、もう一度自分の一日の過ごし方を振り返ってみてください。

友だちと喋っている時間、食事をしている時間、、、使える時間は意外にたくさんあるかもしれません。

この夏、最後の最後まで誰よりも努力し、誰よりも集中して、誰よりもたくさん、勉強しよう!という気持ちで取り組んでいきましょう!

 

次回のブログは立教大学2年の村山担任助手です!お楽しみに!

各種お問い合わせ