私が東進を選んだわけ(木原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 4月 18日 私が東進を選んだわけ(木原)

こんにちは、木原です。
 
ここ2日間寒いですね。
また明日から急に気温が上がると聞きました。体調には気をつけましょう😊
 
 
さて、今週のテーマは「私が東進を選んだわけ」です。
 
私は今から約2年半前の高2の夏に入学しました。
その当時は、部活に全力で勉強は正直全然やっていませんでした。
というのも、3年生が6月で引退のため新チームになったばかりで練習がとても楽しかったからです。
 
そんな部活が楽しい期の中、成績の方は落ちていくばかり。2年生の一学期のテストはとても酷かったのを覚えています。
「受験まであと1年半だ。これはやばい。勉強しなきゃ」と思いました。
 
 
しかし、やり方が分からない。自分が手を出せる範囲で勉強をしても力になっているかが分からないためモチベーションが保たれずに、集中力の欠けた勉強しかできませんでした。
 
こうした経緯があり高2の私は、予備校を探すことを決意。
 
なんとなくネットで、「予備校 大学受験 新宿」と検索したらいくつかの予備校が出てきました。
 
たくさんの予備校のページを漁る中、
部活で忙しいというのを一番に考えると映像授業の東進が一番合っているのではないか?と思い「夏期特別招待講習」の申し込みをしました。
 
夏休み中はほぼ毎日部活をし、部活後に東進に行くという生活をしてました。
 
その夏は、人生の中で部活と勉強の両立を頑張った経験になり、「ここなら受験まで頑張っていける」と自信になりました。
 
いつもなら疲れて寝てしまったりダラけてしまってた生活が一変しました。当時は環境を変えることがこんなにも勉強意識が変わるのかと自分でも驚いたのを覚えています。
 
 
私が東進に入った理由は割と典型的で、同じような理由で入学を決めた人も多くいると思います。
 
東進生の中で、このブログを読んで自分もそうだったなーと思う人も多くいるのではないでしょうか?
 
 
東進に入って頑張る!と決めた日は、受験に向けて頑張ると決めた日でもあります。
 
最近モチベーションが下がってきてしまっている、さらにやる気を上げてもっと頑張りたい!と思っている人は初心の頃を思い出してエンジンかけ直してみてはいかがでしょう?
 
4月ももう後半戦!毎日頑張っていきましょう🤗
 
 
明日のブログ担当は、日本女子大学の澤田担任助手です。お楽しみ!