現代文が苦手な君へ(藤巻) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 1月 23日 現代文が苦手な君へ(藤巻)

 

 

みなさんこんにちは、早稲田大学文化構想学部の藤巻です。

 

 

大寒を(暦上1年で1番寒い日)過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。大学には学級閉鎖というものがないので忘れがちですが、世間ではまだまだインフルエンザが流行っています。

手洗い

うがい

をしっかりして「風邪をひかない努力」をしましょう(*^_^*)

 

いきなりですが、わたしの得意科目は国語です。(センター試験は満点だったんですよ~!)

特に現代文が得意です☆ミ

みなさんの前では高速暗記をごり押しし、英語の印象が強い(と勝手に思っていますが…)わたしですが、本当は林先生大好きの生徒だったんですよ!

みなさん、現代文得意ですか?

特に高2生以下のみなさん、同日で満足いく結果は残せましたか?

 

現代文は数学と変わりません。

論理的思考力をもって臨むべし。

 

国語は小学校1年生から接している科目なので、得意意識も苦手意識ももちにくい科目です。

ただ、いままでやってきた「国語」と大学受験で使う「国語」はちょっと違います。

現代文の成績があがらない生徒はここの概念を変える必要があります。

 

先ほども書いたように現代文は数学と同じ。

数学に公式があるように現代文にも公式があります。

 

数学の成績をあげたければ、まず「公式」を覚えて「演習」します。

 

じゃあ。

現代文の公式とは。

 

それこそ東進の授業であり、最高の映像授業です。

 

つまり何が言いたいかというと、現代文だけでなく「なんの目的でいま勉強をしているのか。」

 

という意識もっていますか?

 

現代文の公式がわからなければ決して成績はあがらない。公式がわからない人は問題をとく資格がない。いまやっていることは、これから1年後2年後の結果をダイレクトに変えます。

英文法がわからなければ、英語の長文は読めない。長文は英文法が詰まった1文1文の連なりです。いまやっている高速暗記英文法750は、全ての英文の基盤です。

 

いまやっていることが、これから先の受験生活でどんな役割を果たすのか。

 

なにを作るかわからないまま煉瓦(レンガ)を積み上げるより、「家をつくる」という目的を知ったうえで煉瓦を積み上げる方が、早く・無駄なく・綺麗に家が作れますよね。

 

目的を考えながら行動できるようになって行きましょう。

 

明日の担当は生方担任助手です。お楽しみに!