残り2日(藤巻) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 1月 12日 残り2日(藤巻)

 

こんにちは!

早稲田大学文化構想学部の藤巻です。

 

センター試験までのこり2日。

受験生のみなさんはどんな気持ちですか?

わたしも1年前にセンター試験を受けました。

ドキドキの中受けた試験期間の中で感じたことの内みなさんにお伝えしたいことをまとめるので、ぜひ参考にしてください。

 

①必勝法はルーティン

五郎丸選手のポーズがまだ鮮明に思い出されますが、一流スポーツ選手同様、一流受験生もルーティンが欠かせません。

ルーティンを行う目的は

・心の安定をはかるため

というものがあります。ここぞ!というときに気持ちは自然と高まりますが、焦った時に気持ちを静めるのは自然にはいかないものです。

 

そんな時にこそルーティン!

これから2日間、お風呂に入る時ゆっくり湯船に浸かりながら大きく深呼吸してください。

深呼吸そのものに気持ちを落ち着ける作用がありますが、一番リラックスできるお風呂で深呼吸をしていると、当日その時のリラックスが思い出され効果は倍増します。

 

お風呂で深呼吸。焦ったら深呼吸。

 

②直前で10点アップ

「直前に勉強したものが試験に出た!」ということはよくありますが、かくいうわたしもこの恩恵をめちゃくちゃ受けています。

試験当日、試験開始までの待機教室がどの大学にも開かれます。わたしはその待機教室に誰よりも早く行って、1番最初の受験科目の日本史の復習を無我夢中に行いました。

点差がつきやすい「文化史」に絞って、文化史を全て復習したのです。そしたら!!なんと!!その年の試験問題でわたしの苦手な分野の文化史が10点分も出たのです。

もしあのとき勉強していなかったら。わたしの日本史の点数は90点っだったんですね。(結果は100点でした)

 

普段の模試と違って、高校で申込みをしているセンター試験は周りに多く同級生がいます。休み時間を、おしゃべりして休憩にとりますか?10点アップにとりますか?

 

③笑える人は強い!

辛い時、過酷な時、チャレンジする時、焦りそうなとき、笑える余裕を持てている人はやっぱり強いです。

わたしはおまじないだと思ってニコニコ過ごしました。あとから心理学を学んでわかったことですが、人間は「行動→感情」という順番で動きます。

楽しいから笑うのではなく、笑うと脳が「楽しい」と勘違いするという仕組みなのです。

だから、笑うからこそ頑張れたのですね(*^_^*)

 

 

残り2日。がんばりましょう。応援しています!

 

 

⇒お申込みは上記バナーをクリック