模試を受けるにあたって(塩原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 10月 3日 模試を受けるにあたって(塩原)

こんにちは!
上智大学2年の塩原佳之です!
 
今回は、模試を受けるにあたっての重要なポイントについて話をしたいと思います。
 
まず、聞きます。
 
皆さんは、模試を次のどちらの心境で受けますか?
 
①結果を出さないといけない、という使命感ですか?
②結果を出してやる、という高揚感ですか?
 
ここで重要となるのが、それぞれの心境に至る理由の部分です。
 
①は、結果を出さないと誰かから責められる、とか、志望校を変えないといけなくなる、とか、恐れから至る心境です。
 
②は、これまで勉強してきたんだから必ず結果が出るでしょ!という自信や、ワクワク感から至る心境です。
 
どちらが結果を出しやすいかは、わかりますよね?
 
①の心境で受けた場合、試験中に分からなくなった時にパニックになって頭の中が真っ白になる可能性大です。
それで、結果も出ず、さらに落ち込んで勉強に手がつかない…という悪循環に陥っていきます。
 
それに対し、②の心境で受けた場合、試験中に分からなくなっても落ち着いて対処できるでしょう。
そして、結果も出して、勉強が好きになってさらに勉強する…という好循環が始まります。
 
ちょっと極端かもしれませんが、何をするにしても、心境は自分のパフォーマンスにかなり関与してきます
 
ここまで模試の話をしてきましたが、これは受験本番にも通じます。
 
センター試験本番まであと約3か月ですが、この期間で自分が自分に最高の自信を持てるかどうかがカギとなります。
 
センター試験本番の会場で焦ってる人より、堂々としてる人の方が恰好良くないですか?笑
 
今は、そのような自分になるための準備期間です。
センター試験本番でありたい自分になるために今最高の努力をしましょう
 
最後に、とある講師の言葉を引用します。
 
「いつやるの?」
 
「今でしょ!」
 
 
明日のブログ担当は竹内萌夏担任助手です。
お楽しみに!!
 
P.S
本日は山本日登美担任助手によるプレゼンがありました。テーマは「就活×English」でしたが、大学受験がどれだけ人生に影響を与えるかを熱く語ってくれました!
これを期に、生徒たちにラストスパートを切ってほしいと思います!!私たち担任助手も生徒の背中を押せるように最高の努力をしていきます!!

 

各種お問い合わせ