模試が憂鬱なあなたへ(新倉) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 10月 1日 模試が憂鬱なあなたへ(新倉)

こんにちは、東京大学文科一類一年の新倉仁美です。
 
今日から10月ですね!センターまであと100日あまりですががんばっていきましょう。
 
 
さて、今日は模試の臨み方について書いていきたいと思います。
 
この時期は夏の冠模試の結果も多くかえってきて、かつ秋の模試も立て続いてメンタル的にも時間的にもハードだとは思います。
 
ただ模試を受けるメリットは大量にありますよ
 
 
①本番戦う同じ人たちと実力が比べられること。
②実力や自信がなくても100%の実力を出す訓練ができること。
③普段ならあまり行わないであろう連続した過去問演習が行えること。
 
です。
 
 
私はに注目したいと思います!
 
皆さん模試を受ける前には、
「E判定だったら萎えるなあ、、」とか「あんなに頑張ったのに点が伸びていなかったらどうしよう、、」などと考え、模試を毛嫌いする人も多いですよね。
 
 
でも、多くの人は、本番もそれの何十倍ものプレッシャーを感じ、自分の実力不足を恥じると思います。
 
また、模試を受ける時と同じくらい、あれをやっておけば、などなど煩悩に駆られるでしょう。
 
 
 
だから、模試で、自分の実力を100%かそれ以上を出す訓練をしましょう
 
不安やプレッシャーを感じるのは勉強をしていれば当たり前で、それを込みで手を半分震わせながら解く訓練をして始めて模試の本領が発揮されると思いますよ。
 
 
自信がない、自分はまだまだインプットが足りない、と思う人ほど、模試を受けて本番力を付けて行きましょう。
 
 
それでは、最後に!!
 
10 (と) 2 (に) (か) 9 (く) (う)(け)(よ)(う) 全統模試!!!!!
 
 
次回は早稲田大学の中川担任助手です。お楽しみに。