東大・京大・早慶に受かるための勉強法とは!?(山上) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 3月 18日 東大・京大・早慶に受かるための勉強法とは!?(山上)

こんにちは早稲田大学新4年生の山上です。

大学生活もあっという間に4年目に突入しました。残された大生活は残り1/4になりましたが、生徒の皆様に負けないように努力を重ねたいと思う今日この頃です。

今日皆様にお伝えしたいのは東進の「勝利の方程式」に関してです!

勝利の方程式は生徒が学習を行う際の指針として東進が掲げている方針の事です。

勝利の方程式の内容は下記の通りです。

①心の指導、高い志、大きな夢

②基礎、基本の徹底

③通期講座の早期修了

④本番レベル模試の完全受験と合格指導面談の完全実施

⑤過去問・志望校対策の徹底

①が出来てから②、②が出来てから③というように順序良く進んでいくのが理想です。

今日はその中でも①と②について話したいなと思います。

①心の指導・高い志・大きな夢

大学受験を今まで経験したことのない多くの高校生は、難関大(東大、京大、早慶等)に合格するイメージがなかなかつかないと思います。

しかし、過去何人もの生徒が大幅に成績を上げて、上記の難関大学に合格していきました。

この合格者は何故合格することができたのでしょうか?

様々な要因があると思いますが、何より一番大切なのは「その志望校に行きたい、行くために努力ができるか」ということだと思います。

合格していった生徒は不安な気持ちを抱えながらも、絶対に合格してやるのだという高い志を持って受験勉強を行っている点で共通しています。

その志を持っている生徒は必ず最後まで諦めずに大学受験をやりきると思いますよね。

「そんな志は持っていないよ・・・」という方もいると思います。

そんな方はとりあえず難関大学と呼ばれる大学を目指して頑張ることをお勧めします。

多くの高校生と今まで大学受験に関して話してきたけど、口をそろえて言うのは「行けることならば高いレベルの大学に入りたい」ということです。

その「高いレベルの大学」に入学することは今は達成できない目標かもしれないけど、しっかり戦略を考えて勉強をしていけば合格を掴みとることが出来ます。なので少しでも高い大学を目指したいと思うのであれば、大学受験に向けて勉強を開始していくことをお勧めします。

②基礎・基本の徹底

「そうはいってもどういう勉強をしていったらいいのかわからない・・・」という人も多いと思います。

正直大学受験に向けての勉強というと、敷居が高い気がして中々最初の一歩が踏み出せませんよね。

そんな方ははじめは主要科目の「基礎・基本の徹底」を行うことを強くお勧めします。

「基礎が大事、基本が大事というけど、基礎、基本って何のこと?」そう思う人もいると思います。

結論から言うと「基礎・基本」とは科目を勉強していく上で絶対に抑えてなくてはならない事柄や知識の事を言います。

例えば英語の学習で言えば、基礎・基本は「英単語」・「英熟語」・「英文法」の事を示す場合が多いです。

いきなり長文で点数を取ろうとしても、上記の基本の暗記自己を押さえていなければどんなにすぐれた読解法を学んだとしてもなかなか点数は伸びていきません。

世界の勉強で言えば、「時代の流れ」が基礎・基本に当たります。

点数を上げるためには、まずざっーと世界史全体の動きを把握してから、ワードを覚えていくことが効率的です。

高い目標を持って、学習を始めることを決心したら基礎・基本は

短期集中

早期修得

習慣化

という3つの学習方法でどんどん自分の物にして行きましょう!

短期集中・早期修得とは短い時間で早く基礎・基本を押さえることです(文字通りですね)

習慣化とは、一度習った基礎・基本の事項を何度も何度も復習することです。
受験の会場に英単語帳や社会の一問一答を持ち込む生徒は多いですが、それは習慣化の一環です。
 
東進では高速基礎マスター講座という「基礎・基本の徹底」に特化したコンテンツがあります。
東進生のほとんどはこの春休みに向けて各科目の基礎を固めています。
 
まだ、基礎・基本が固まっていないな・・・と感じる高校生の皆さん、東進の高速基礎マスター講座を使ってこの春休みで基礎・基本を全て修得しませんか?
 
東進では現在特別招待講習の申込みを受け付けています。
できれば高い目標に向けて走り出したいと思っている人はこの春休みがチャンスです。
東進で難関大学合格を成し遂げませんか?
 
受験勉強は人生で一度きり、どうせやるのだったらやりきったと言える受験生活を送りたいですよね。
今年も沢山の受験生が第一志望校合格を勝ち取りました。
 
次は君の番です!
まず基礎・基本を固めるべくこの春休み一緒に頑張りましょう!