本番のためになる勉強(吉瀬) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 9月 9日 本番のためになる勉強(吉瀬)

こんにちは、吉瀬です!
今日は休みを頂いていた間に読んだ本について書きたいと思います。
「7つの習慣」という本です。
実はこれは自分が担任助手になったときに校舎長に薦めていただいたもので
かなり厚くてなかなか読めていませんでしたが
入院中で時間があったので一気に読み切りました。
今日は序章だけ紹介します。
 
まずは下の画像を見てください!
続いてこちらの絵をご覧ください。
若くて鼻の高い女性が見えますね。
 
それでは次にこの画像を見てください。
続いて先ほどの絵をもう1度見てみましょう
 
どうですか?
皆さんの目にはうつむいた老婆が見えているでしょう。
 
絵を見る前に1つ目2つ目のどちらを見るのか
によって絵の見え方が変わってくるのです。
これが何を意味するのかというと
目の前の事象に対する見方や考え方は
それまでに自分が経験してきたことに影響される
ということです!
 
ところで
本番で焦らないように勉強しようってよく言われると思います。
でも、本番で焦らない勉強ってどんなものかわかりますか??
 
実際に本番で難しい問題が出た時のことを想像してみましょう。
 
日頃からわからない問題に対して何とか自力で解決させようとする人なら
本番でわからない問題がでても自然と
違う解き方はないか、見落としていることはないか
という思考をもつことができます。
 
反対に日頃からわからなければすぐに質問しようとする人なら
本番でわからない問題がでたら
すぐにあきらめてしまうと思いませんか?
 
冒頭の2通りに見える絵の体験
を思い出してください。
少しの時間でも画像を見るだけで見え方が変わりましたよね
ここから本番までにはそれよりも遥かに多い経験をすることができます。
それらがどれだけ自分に大きな影響を
もたらすのかわかってもらえると思います。
 
本番で焦らない勉強とは
1つ1つの問題に真摯に向き合うことだと思います。
少しずつ焦りが出始めて
1つの時間にかける時間を短くしたいと思う人もいるでしょう。
当然わからない問題を放置するのは最悪ですが
すぐに諦めてしまうのも望ましくないです。
本番までに
自分によい影響を与えてくれる経験
をたくさん積んでほしいです。
 
センター試験まではあと126日です。
受験までの1日1日を大切に過ごしていきましょう!!
 
明日のブログは綿貫担任助手です!