暗記科目のコツ(伊橋) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 2月 28日 暗記科目のコツ(伊橋)

おひさしぶりです。

明治大学3年の伊橋です。

↑今日の写真は昨日1800を完全修得した生徒と撮ってもらいました!まだまだ満足していない様子がうかがえたので今後も期待してます!写真撮ってくれてありがとう!

さて、

今日は一度やった勉強を忘れない方法を伝授しようと思います。

やってもやっても覚えられないという経験はないですか?

学校のテストをやってみて昨日の夜やったのに、、、、

この間間違えた問題じゃん!

などなど絶対に一回はあるはずです。特に暗記系の科目に多いと思います。

 

勉強はやっては忘れ、忘れてはまたやっての繰り返しです。でもこれってとっても効率の悪いことですよね。

効率よく勉強したいあなたに教えるものはセルフレクチャーです。

読んで字のごとく、自分に自分で教えるということです。やり方は簡単で、今日勉強したことを自分が先生になったかのように自分自身に教えるだけです。

英文法の仮定法で試しにやってみます。

こんな英文見たことあると思います。

If I were a bird, I could fly to you.

「もし私が鳥だったら、飛ぶことができた」

というような英文です。

これをどう説明するのかというと、、、

仮定法は事実と逆または願望を表す。英語の形はIf +主語+(助)動詞の過去形~,主語+would(could,should,might)+動詞の原形~で表す。「~するだろう」という時にはwouldを、「できるのに」と能力や可能性の話をするときにはcouldを用います。

といった感じで1度学んだことを再度自分の言葉で、自分自身に教えてください。

1日の復習にもってこいです!

ぜひ実践してみてください!

 

明日のブログは阿嶋担任助手です!おたのしみに!