昨日は最終センター試験本番レベル模試!(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 12月 24日 昨日は最終センター試験本番レベル模試!(菅原)

 

こんにちはー!

青山学院大学の菅原魁人です。

 

今回は皆さんが昨日受けたであろう

最終センター試験本番レベル模試

についてかきたいとおもいます。

 

さらに、受験生(現高3)と新学年(新高1.2.3)に分けて話したいと思います。

 

受験生

 

まず、みなさんしっかり目標点まで点数取れましたか?

 

今回の模試の【最終】という文字でありますがこれは文字どおりみなさんの受験前最後のセンター試験本番レベル模試ということです。

 

これはどういうことか。

 

今回の模試確実に点数を取らないといけなかったし、ミスはしてはいけなかった。と思っています。

 

なぜか。

 

この最終模試はあと1ヶ月後に控えるセンター試験本番のための調整に過ぎません。

ここで、点数をしっかり取れないようでは来月の本番でまず結果は出ないと思うからです。

 

さて、少し話は変わりましてみなさん1週間あれば成績は良くなるでしょうか?

 

良くなるを選んだ人

そう思うならこの1週間ひたすら成績を上げに行きましょう。

そして、また次の1週間も必死に勉強して上げて行きましょう。

そう信じて勉強した人の成績はしっかりと伸びて行くと思います。

受験生は直前に急に伸びると言いますしね笑笑

 

良くならないを選んだ人

そう思うならまずは昨日の自分の点数をもう一度振り返り、今のままでは到底届かないような点数であれば『諦める』or『1週間で伸びるように頑張ってみる』のをオススメします。

また、特別悪くもなくこのままいけば問題ない点数を取っている人に関して言いたいことは、1週間で点数は伸びないかもしれないけど維持は出来るはずです。

この3週間しっかり現状を維持してください。

 

さぁ、話を戻しますが今回は必ず点数を取らなければいけないと書きましたが、実は残りの時間有効に使うことでまだ伸びる可能性はあるということです。

今回の模試で落ち込んでないでさっさと本番に向けて勉強しましょう。

 

新学年

 

さぁこちらは主に現高校2年生について話を進めていきます。

今回の模試の【最終】という文字についてですが別に本番までの最後の模試というわけではありません。

 

では、何の最後なのか。

 

誤解を生むかもしれませんが今回の模試まではさほど点数を気にしなくても良い模試だったのです。

じゃあなんで次の模試からは気にしないといけないのか。

 

それは一年後の本番に大きく影響する試験だからです。

 

だいたいどこの予備校も過去の先輩たちの同日のセンター試験の成績を元に基準を定めそれを使って志望校を決めていきます。

そうなるとそれ以降の模試も同じで模試のたびに点数を使って話が進むため、点数を気にしていかないといけないのです。

 

次の同日試験から気持ちを入れ替えて頑張っていきましょう!

 

明日のブログは東京大学綱分担任助手です。

お楽しみに!