春の心構え(松尾) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 4月 16日 春の心構え(松尾)

こんにちは!
今日のブログを担当させて頂く慶應大学経済学部2年の松尾淳平です!
↓↓春から新しく担任助手となった新開担任助手(右)がさっそく勉強を教えています!新入生のパワーに圧倒されそうです。。
 
今日は4月16日、あっという間に3月が終わり、4月に入ったかと思えばもう半ばです。時が経つのがものすごく早いなぁと感じる今日この頃です。
今年から高校三年になる皆さん、ご進学おめでとうございます。今日はそんなみなさんにどのように春を過ごしたらいいかをお話しできたらなと思います。
こんな言葉があります。
「夏を制する者は受験を制す」
「夏は受験の天王山」
 
噛み砕くと…
夏にしっかり勉強できた人が第一志望に合格する。
さらに言えば、
夏にしっかり勉強できた人だけが、第一志望に合格する。
 
果たしてそうでしょうか?
正直、こういった話は至極当然というか、むしろ甘いなあと。
どの時期だろうが、勉強はしなければいけないもので、ただ夏休みにほんの少し勉強したからといって、受験を制せるだろうか?
答えはNoだ。
受験を制したければ、夏さえ勉強すればいいという意味では決してないと思うが、それでも甘く考えすぎである。
Q.なぜか?
本当に受験を制するのはこの高校三年間いや、もっといえば中学校の時から勉強に人生を捧げてきた強者ばかりであるからだ。
これは認めたくはないが、現実である。
つまり、本当に第一志望に合格したい、そう心から思うのであれば今からでも全力で彼らに追いつくべきだ。
自分もいわゆる追いかける側の人間だった故に、皆には一分一秒無駄にしてほしくない。でも
この一年間真摯に努力すれば、彼らを追い抜き第一志望校合格を勝ち取ることが十分可能である。
 
言ってしまえば、
「この春から制した者が受験を制す」
こんなところだろうか。
 
こういった話になると努力という言葉が毎回必ず飛び交う。
努力、努力いうけれど、さて努力とはなんだろうか?
 
友達との遊びを断って、勉強できるか?
睡眠の誘惑に負けずに、自分に打ち勝てるか?
Youtubeみないで、単語帳を開けるか?
 
こういった些細なことそれこそが努力ではないだろうか?
こういった些細なことからから変えていく。これが将来の自分を大きく変える。
今までたくさんの先輩方ができてきたんだ。君に出来ない訳がない。
大学生活を楽しんでいる自分を想像して日々勉強に励もう。
明日のブログは立教大学に通う綿貫担任助手です。お楽しみに!!!