新春特訓会(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 2月 13日 新春特訓会(菅原)

みなさん、こんにちは!

青山学院大学の菅原魁人です!

今回は新春特訓会について書きたいと思います。

おそらく、今の新学年の子たちはきっと自分の限界を自分で決めてしまっていると思います。

 

そして今回、この会で伝えたかったことは

限界突破

ただこれだけです。

今までにないような勉強量をこなし今までの自分のだらけていた部分や本気だと思っている部分がまだまだ甘かったことを実感できるような雰囲気だったと思います。

ほんとにこの会場はかなり激アツでどの校舎よりも1番生徒が努力をしていた空間だったと思いますし、スタッフも1番熱のある空間だったと思います。

この会でやることはひたすら単語、熟語、例文をひたすら読んで読んで読みまくり書いて書いて書きまくる、ただそれだけです。

それだけですが、これすらもこなすことは簡単なことではなくスタッフの指示するスピードをこなす人は全然いませんでした。

僕らは少しでも遅れをとっている生徒がいればすぐに声をかけてやる気を上げていき、生徒もそれにこたえるように読むスピードや書くスピードをがんがん上げていきます。

この会に参加した生徒は口をそろえて口に出して英語読むことでこんなに早く覚えることが出来るのかと感心していました。

時間に追われたりテストで満点を取らなければならないと感じてしまう緊張感、スタッフから大声をかけられる恐怖感により今まで以上に集中できたと思います。

この緊張感は普段の生活では絶対といっていいほど味わうことのできないことで生徒もスタッフもとても良い会になったと思います。

たくさんスタッフは叫びましたし生徒はたくさん音読し書きました。

次の特訓会の話も出てきています。

このブログではこの特訓会の熱さの1部しか語る事しかできませんでしたが、最高に熱い会になると思うので是非参加してみたください。

 

明日のブログは井出担任助手です。

お楽しみに!