新学年になる皆さんへ(坂本) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 1月 25日 新学年になる皆さんへ(坂本)

 

こんにちは!
法政大学文学部史学科の坂本です。
 
最近寒くてまいります、、
 
さて、3学期にも突入していよいよ進級の季節が近づいてきましたね!
高校1年だった人は2年になり後輩ができ、2年だった人は最高学年になります。
部活動をやっている人などは特に身も心も引き締まるのではないでしょうか?
 
また、勉強する内容に関しても、1段階ハイレベルのものになりついていけるのか不安になる人もいるのではないかと思います。
とある高校のアンケートでは、進級して授業についていけなくなったもしくは難しくなったと感じた人が半数を超えているそうです。
 
少し話は変わるのですが、先日センター試験が行われましたよね。同日体験受験を受けた人も多いと思います!
その、センター試験なのですが、実は出題範囲は基本的に高校2年生までに履修している分野です。
さてさて、同日を受けた人はどのくらいとれたでしょうか。すでに履修している範囲からの出題ですし、1年生は半分、2年生は8割はとれていてもいいはずです。
正直、驚きですよね。学校の試験では点数取れるのに、という人も多いと思いますが、なぜセンター試験では成績が思うように出ないかというと、一番の要因は時間制限にあります。なので、演習量が大切なんです!
 
そして、その演習量をこなすためには早くから基礎基本の徹底をしなくてはいけません。
新学年の勉強についていけるか不安な皆さん、もっと大きな範囲、期間で考えて大学受験を視野にいれてみてください!そんなのんきなことを言っていてはまずいです!
まずは、基礎基本の徹底を!
 
明日のブログは若林担任助手です!お楽しみに!

 

各種お問い合わせ