数学の基礎固め(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 4月 15日 数学の基礎固め(樺)

こんにちは!中央大学理工学部物理学科の樺です!

今日は、貴重な理系担任助手として「数学の勉強」について話そうと思います。

 

先日の合格報告会でも話しましたが、今の時期にやるべきことは「数Ⅲのための基礎固め」だと考えています。なぜこの時期に基礎固めをするべきなのでしょうか。

それは、「今後の焦りを無くすため」です!

 

数Ⅲは難しい問題ばかりなのに、9月になっても数ⅠAを勉強していると強心臓の人でも必ず焦ると思います。

他にも、数ⅡBには数Ⅲに繋がる基礎がたくさん詰まっています。にもかかわらず、基礎が固まっていないのに数Ⅲの問題を解こうとしても全く歯が立たず、焦りが生まれます。

 

焦りは勉強効率を大幅に低下させ、勉強効率の低下は合格を遠ざけることになります。

そのためにも、とにかく早い段階でセンターレベルの問題は早く正確に解けるようにならないといけません!

 

では、基礎を固めるために何をするべきなのでしょうか。

その答えは、数学計算演習!これしかありません!

 

昨年から上級編も開設された数学計算演習のいいところは、自分がやりたい分野を徹底的に演習できることです。苦手分野を解きまくるも良し、模試で出てきた問題の類題を解くのも良し、人それぞれ自分に合ったやり方で、数学の基礎を固めることが可能です。数学計算演習を続けることで、計算力と計算スピードは必ず向上します!

また、夏休み以降は数学計算演習をやっている時間はほとんどありません。だからこそ今のうちに取り組んで、上級編まで修得して、向上得点も稼ぎましょう!

 

ぜひ活用してほしいです!

明日は松尾担任助手がブログを書いてくれます、お楽しみに!