教訓(松尾) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 2月 20日 教訓(松尾)

 
 
こんにちは!
慶應大学の松尾淳平です!
 
 
じゃじゃーん
 
 
今日は早稲田大学政治経済学部の入試でした。
 
新宿エルタワー校のスタッフも応援に行きました。
みんなが受かることを心から祈っています!!
 
 
実は、
去年、僕も早稲田大学の政治経済学部を受験しました。
 
受けた感想は、数学は難しくて大問1しか好感触じゃなかったし、
国語は古文の文章が難しすぎて、理解できず、勘で答えを書いたし、
英語も友達との答え合せでミスが多く発覚したし…みたいな感じで
正直、手応えは全くなくてこれは落ちたなぁと思っていました…
 
僕は早稲田の受験後かなり悲観的になってしまい、第一志望だった東京大学に向けて切り替えて勉強することができませんでした。
 
考えてしまうのは、
「これが落ちたら浪人だ」とか、「第二志望も受からないようでは第一志望は絶対無理だ」とか、本当にどうしようもないことばかりで、受験直前期という大事な時期にとても非生産的な生活をしていました。
 
 
しかし、早稲田の政治経済学部の受験結果は合格でした。
 
僕にはここから、学んだ教訓があります。
 
それは、
どうしようもないことを考えるのは時間の無駄
ということです。
 
数学のせいで落ちたなぁとか、英語もあと1点あればなぁとかではなく、
これからの事についてのみ考える。終わってしまったことを嘆かない
これが大事なことだなと学びました。
 
 
今日ある生徒に高橋大地担任助手がこうアドバイスしていました。
「将来の自分に感謝される今を生きればいいんじゃない?」
 
僕はこの言葉にとても納得し、感動しました。
将来後悔しないためにも今を全力で生きることが大事なんだと思いました。
終わってしまったことやまだ来ない先のことを考えて何もしないのではなくて
今どう行動するのか、どう生きるのかについてを考えていき行動することが大事なんだと思いました。
 
 
国立受験まで、
ついにあと5日です。一週間を切りました。
将来の自分に感謝されるべく最後まで前だけ向いて全力で突っ走りましょう!
 
時間がないなんてことは絶対にありません。
10秒あれば、漢字がひとつ覚えられるし、
30秒あれば英単語がひとつ覚えられるし、
60秒あれば公式をひとつ覚えることができます
 
これらの知識が点数に直結しないなんてことがあるだろうか?いや、ない!!!!(反語)
 
 
 
明日のブログは早稲田大学の福澤担任助手です。
為になるブログを書いてくれるそうなので、ぜひ期待していて下さいね!!