我慢すること(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 3月 2日 我慢すること(菅原)

みなさん、こんにちは

青山学院大学1年の菅原です。

今回はこれから受験をむかえる新高校3年生の人たちに向けて書きたいと思います。

 

タイトル通り「我慢すること」についてです。

なぜ突然こんなことを書こうと思ったかというと

ちょうど1年前、自分は私立のみの受験だったため他よりもいち早く受験が終わり母校の先生方に呼ばれ新高校3年生(つまりは今の受験生の人たち)に受験勉強をこれからするときの注意事項や激励などをしてきました。

そこで最後に生徒が僕たちに質問することが出来る時間があったのですが複数ある質問の中で国立志望の子の質問がなかなか驚きの質問だったのです。。

その質問が

「あのー、〇〇大学志望なんですけど夜中にネットサーフィンやスマホゲームを長い間していることが多くいのでこれからは減らしていこうかなと思うんですけど何時間くらいにした方が良いですか?」

というものでした。

この質問がきたときはほんとに驚きました。

まず、これから受験が始まるというときに限ってなぜやめようという決断が出来ないのか。

国公立志望でまだまだこれからの勉強量は格段に上がってくるはずなのになぜやめようという決断が出来ないのか。

 

これから受験をむかえるみなさんに関しても同じですが、様々な誘惑があると思います。

今まではドラマを何本も見たり、電車の中ではTwitterやInstagramを眺めていたり、ずっとLINEやスマホゲームを行っていたり、家ではYouTubeを見ていたりその他にもまだまだたくさんしていることがあると思います。

そして、そんな毎日を送っていればもちろん勉強量は圧倒的に足りず受験には確実に失敗すると思います。

これから受験勉強を行っていく中で大切なことははもちろんですがやはりまずは時間の量だと思います。

今までの生活からどの時間を勉強時間に変えられるかということを考えればそれは上記の赤い線の部分だと思います。

ここを変えるだけで勉強時間はかなり上がるだろうし、これだけの時間をこなせるようになれば必然的に質と言う面もこだわれるようになると思います。

この1年弱の間、本気で受かりたいならばこのブログを読んだ日のうちに今までの生活を見直し我慢できるところを探しつくし、我慢すると決めたその日からあなたが第1志望合格するその日まで徹底的に我慢し続けてみてください。

 

未来はきっと明るいはずです。

 

明日のブログは明治大学1年の中村良担任助手です。

お楽しみに!