志望校から受験校へ(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 9月 10日 志望校から受験校へ(菅原)

みなさんこんばんは!

青山学院大学1年の菅原魁人です!
 

 
本日は先日行われた志望校と受験校について書きたいと思います!
 
 
突然ですが、みなさんの模試の結果はどうでしたか?
 
 
生徒に話を聞いてみるとなかなか良い結果が残せていない人が多く見受けられました。
 
 
さて、それはなぜでしょう?
 
 
いつもより圧倒的な量の勉強時間があったはずなのに。
成績を伸ばせるような勉強をしてきていたはずなのに。
 
夏というこれだけの勉強時間が確保できるチャンスがあったのにもかかわらず
成績が思うように伸びなかったみなさんはこの1ヶ月間何をしてたんですか?
 
この時期になってもケアレスミスがあったとかの言い訳を続けますか?
 
正直言ってしまえばそんな人達が勉強した気になっていたこの1ヶ月間はなかったも同然ということになってしまいます。
結果が残せていないのですから。
 
受験生にとってはこの間の模試または10月の模試で志望校という自分で自由に決められるものから
受験校という模試の結果などから判断し実際に受ける学校を決めていきます。
 
ここで志望校をそのまま受験校にできる人は特に国立志望の場合は割と少なくなると思います。
 
もう夢やわがままを言って良い時期ではなくなってきているんです。
そういう現実を受け止めて欲しいなと思います。
 
受験生に残された5ヶ月間はこの夏よりももっともっと勉強量と質を増やしていき(上げていき)
人生で1度きりの最高の受験生活を送って欲しいです
なので絶対に受験終わってから悔いを残すことのないように。
また、高1,2生は受験生の次に来る休みで徹底的に周りと差をつけてやりましょう!
 
こんなことを書いておいてなんですがもう過ぎてしまったことはしょうがないですので、
勉強に支障が出ない程度に気に留めておいてください。
 
 
常に前を向いて、今すべきことをしっかりと取り組んでください。
 
 
明日のブログは早稲田大学1年の井出担任助手です!
お楽しみに!