志について(新倉) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 5月 15日 志について(新倉)

 
こんにちは!担任助手一年の新倉仁美です。
 
今日は、志を持つことでどう受験に良い影響があったのかを、実体験からお話ししたいと思います。
 
私は、高校二年の時に社会問題を解決する形で、世の中の役に立ちたいという夢をもつことができ、その実現のために努力するには最高学府である東大に行きたいと考え、そこから受験まで一年半ほど全力で勉強することができました。
 
そうしてむかえた直前期でしたが、それまでの模試はD判定ばかりで、併願校にも度々落ちてしまいました。
本当に自分は東大に行く資質があるのか、自分より頭のよい人が行くべき場所で自分の居場所ではないのではないかと自信を失いかけていました。
 
でも自分より頭が良くても、何となく頭が良くお金持ちになりたいから東大を受験するという人より、
私には前述したような夢があるから、東大に入ってそこにふさわしい立派な人間になれると思うことができました。
そうやってメンタルを保って最後まで勉強し続けることで、受験本番を良いコンディションで迎えて、合格を勝ち取ることができました。
 
極限状態で迎える受験本番において、自分が志望校に入れると信じつづけることは、難しいですが何よりも重要なことだと思います。
高2生以下は、グループミーティングで志シートを書いたと思いますし、自分の志について考えてみてくださいね。
 
明日もお楽しみに!