常に片手に参考書(松田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 9月 19日 常に片手に参考書(松田)

 

こんにちは

明治大学 政治経済学部 松田夕舞です(^o^)/

もうすぐ学園祭の時期ですね~~ということで!

明大祭が、11月2(木)3(金)4(土)の3日間、和泉キャンパスにておこなわれます!^ ^

私は、大学で明大祭実行委員会に所属しているため、この夏は準備で大忙しの生活をおくってました!

明大祭、ぜひ来てください!ほんとにびっくりするくらいの驚きと感動が詰めこまれた楽しい学祭になることまちがいなしです!

学生の雰囲気、キャンパスなど、学祭だからこそ非日常的空間が味わえると思います!

待ってます(^o^)/

 

ということで、本題に移りましょう!


なんでしょう。この、ボロボロの黒い本は?

正解は、、、

私が現役時代にスキマ時間、通学時間などで暇さえあれば読み、移動時間は手放さず、ずっと持ってたと言っても過言ではない

鉄壁の単語帳です!

みるからに、色あせ、もうやぶれそうです。

このような状態になるまで、参考書と向き合い、徹底して理解してやろうととことん眺める。

少し大げさですが、みなさんはそのくらい自分の参考書を使えているでしょうか。

まだまだ皆さんの使っている参考書は、私からみるとピカピカしてるようにみえます。

参考書がボロボロであればあるほど、

試験会場で、それを見たとき、『あ、自分よくやってきたじゃん。周りよりも絶対やってきた、私なら大丈夫。』という自信が大きくみなぎると思います。

これが大事なんです!

今勉強を必死にして自分の第一志望合格を勝ち取ることは言うまでもないですが、それ以上に、試験本番で自分に大きく自信を持ち覚悟を決めて、周りのできなど気にせず望めるように、今みなさんは勉強を死ぬ気で行なっているはずです。

まずは、自分の使っている参考書、テキスト、ボロボロになるまで使いこなし完璧な状態にしていく姿勢がつくりあげられているか。

今一度見直して行きましょう!

 

明日のブログは、日本女子大学に通っている澤田担任助手です!(^o^)丿お楽しみに!!