大学の授業(綱分) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 10月 4日 大学の授業(綱分)

 

こんにちは!担任助手の綱分です。

 

突然ですが、自分が志望している大学の授業ってどんな感じかなぁ、と想像したことはありますか?

 

私が通う東京大学では、2年生の夏まで全員が「前期教養学部」の学生として、様々な講義を履修することができます。

つまり指定されたいわゆる必修の他に、文系理系さえ関係ない好きな授業を受けられるのです。

今はちょうど色々な授業を見学して今期にとる授業を検討する期間です。

前置きが長くなりましたが、今日は私が目をつけている講義をご紹介します。こんな生活・・・と想像(妄想?笑)する一つの材料として役立てていただければと思います。

私は理系なので、やはり理系科目は魅力的だと感じるものが多いです。

選びきれないほどある理系科目の中で最近特に心惹かれるのが、2年生の秋以降の「後期課程」の教授が前期教養の学生向けに数回ずつ講義を担当する、オムニバス形式のものです。

自分が研究している分野を、まだ専門を学んでいない私達にも分かりやすく教えてくれます。

高校生の理系の皆さんのなかにも、生物系のことがしたいな、宇宙に興味があるな、とだいたいの方針は決まっていても、具体的に「○○学部の○○学科の○○研究室で○○を学びたい!」というところまでは決めていない…という人が多いと思います。

少なくとも私はそうでした笑

そして大学生になったいま、ようやくその部分をじっくり考える時間ができました。

これ、とっても楽しいです。

自分がわくわくする分野ってどこだろう・・・と考えているうちに、次第に見ただけでテンションが上がる単語、というものがでてきます笑。

そしてその範囲は徐々に広がっていきます。つまり楽しい!と思える分野が増えていくわけです。

 

 

・・・本当は高校までほとんど興味がなかった文系教科のことを書きたかったのですが、書ききれなかったので次回とします。

まとめも次回書きます。

 

とりあえず、受験生や受験を目指す高校生のみなさんが最もモチベーションがあがるのは、大学での生活をイメージした時だと思います。

もちろん思いっきり遊べるのを楽しみにするのもいいですが、進学してからの学びも是非視野にいれて笑、日々勉強に励んでください!

 

明日の更新は明治大学の中村良担任助手です。お楽しみに!