大学とは、、、?(山上) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 10月 16日 大学とは、、、?(山上)

こんにちは早稲田大学1年の山上です!

(新宿エルタワー校のグループミーティングの様子です!!)

突然ですが皆さん大学というものに対してどんなイメージを持っていますか?

楽しそう!とか自由だ!みたいなイメージをもっている人が多いんじゃないでしょうか?

実際視野は広がるしできることも多くなります。ただ一概にみんなが持っているイメージと実際の大学というものは一致しないこともあります!

今日は僕が大学に入ってから気づいたもの、事柄を3つほどかいつまんで紹介したいなと思います。

 

①大学の授業は自分の受けたいものを受けれる!

このことは知っている人が多いのではないでしょうか?

大学の授業は今まで受けてきた授業とは違って、自分で自分の時間割を作ります!

もちろんある程度必ず受けなければならない授業というものがありますが、多くの授業は自分で選択して履修するというパターンが多いです。

また科目によってはとても専門的なことまで学べるような授業であったり、アメリカ人のネイティブの先生と4人1クラスで少人数で会話の練習をする授業など授業の種類もさまざまです。

例えばですが僕は今学期は沖縄の歴史について学ぶ授業を履修しています。

日本史や世界史という広い観点で歴史を学ぶ機会は高校生のころからあるかと思いますが、一つの地域、時代にこだわって勉強するという機会はあまりないのではと思います。

このように大学の授業は自由に選択できるのですが、その分自分が将来何をしたいのかということと関連付けてしっかりと計画を立てて授業を取る必要があります。今のうちから自分が将来何をしたらいいのかということは漠然とでもいいので考えておくことをお勧めします!

 

②意外と時間はないということ!

大学生になったら時間が余るほどあるんじゃないかと思っている人は多いのではないでしょうか?

進学する大学、学ぶことにもよりますが大学生は意外と時間がないです。

確かに大学では様々なことが経験できます。自分も国際協力系の学生団体に入っており夏にはフィリピンへ半月以上渡航を行いました。

しかしその反面いろいろなことができるが故に1つに大きく時間をかけられることはなかなか難しいです。

色々なことに手をだすことも素晴らしい経験です(実際自分も高校のころには考えたこともなかったようなことを実践してみたりしています。)。

しかし自分の本当にやりたいことはなんなのかと考えて取捨選択を迫られることもあるかと思います。

大学生活に正解はないと思いますが、社会人になってしまうと自分のやりたいことに打ち込める時間は少なくなるかと思います。

しっかりとやりたいこと、なりたい目標を心に持って大学生活に臨んでくださいね!

 

③多種多様な存在、人がいること!

当然と言えば当然ですが大学へは今までの学校生活とは異なり、日本中、そして世界中から勉強をしに学生が集まります。

そのため今までは出会ったこともない人に会う可能性も高くなります、そしてそれに伴い新しい価値観を得る機会も多くなるはずです。

大学は広い世界なので色々な人と出会うはずです。そして自分から積極的に行動をすることで人生を変えるような人とも出会うこともあるでしょう。

そんな一つ一つの出会いを大切にして、大きく成長してほしいなぁと思います。

 

3つともにも共通して言えることですが大学生活は自分から考え求め、行動を起こすことによって有意義になるはずだ!と思います。

大学に入ってやりたいことというのは各自が持っているはずです。そのやりたいことを必ず実現できるように!そしてもっと大きなものに昇華してほしい!と思います。

そのためにも今目の前にある壁、そう受験勉強ですね!その壁を打ち破って夢、理想をかなえてほしいなと思います!頑張っていこう!

明日のブログは東京大学1年の仲村担任助手です!お楽しみに!

 

各種お問い合わせ