大学ってどんな所?(中村良) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 5月 4日 大学ってどんな所?(中村良)

 

どうも!明治大学情報コミュニケーション学部1年の中村良です!

 

今回は大学生活が始まって1カ月ほど経ち、慌しかった新歓期も終わってやっと生活が落ち着いてきたので、

大学生活とはどんな感じかをお伝えしたいと思います!(勿論大学生活は一人一人違うものなので参考までに)

 

 

まず、大学にはクラスという概念が薄いです。

正確に言うと、大学によって勿論クラスはあるのですが(自分の場合1年2組です)朝のホームルームなどというものは無く、必修の授業を一緒に受ける集まりのようなものです。

そのため、友人関係は完全に個々人の行動力に依存します。(似たような話は先日福澤担任助手が話してくれました!)

 

 

次に、授業についてですが、明治大学には必修選択の大きく分けて2つの授業があります。

必修の授業は、入学時点で受けることが義務付けられている授業、選択の授業は、自分に必要な単位の範囲内で自由に選択できる授業のことです。

自分が通っている明治大学の情報コミュニケーション学部は、必修の授業が極めて少なく、個々人の学びたい学問を幅広く学ぶことが出来ます!

 

 

次にサークル活動についてです!

高校でいう部活動の延長(?)には体育会という団体があるのですが、サークルというのは高校生活までにはないシステムだと思います。

そもそもサークルとはなんぞや?というと、同じ趣味を持つ人たちが集まったある種の家族のようなものですね。

一定数の学生は大学生活をサークルの仲間たちと過ごすことが多いと思います。

自分の場合はサッカー、フットサル、海外インターンを企画する学生団体(サークルとは少し違います)の3つに入る予定です!

 

自分の好きなこと、それは勿論、スポーツだったり本を読むことだったり人それぞれだと思いますが、それらを共有するたくさんの仲間に会えるのはサークル活動の最大の魅力と言えるでしょう!

 

今回は大学生活について書かせてもらいましたが、高校生である皆さんに想像しろというのは少し酷かもしれません、百聞は一見に如かず、大学とはどんな所か知りたい場合はオープンキャンパスや文化祭に顔を出してみるのも良い経験になると思います!

勿論担任助手に聞いたら喜んで話してくれると思いますよ!気になったらいつでも声を掛けてくださいね!

 

明日のブログ更新は青山学院大学1年の菅原魁人担任助手です!お楽しみに!