古文はまず単語で伸びる!(木原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 3月 31日 古文はまず単語で伸びる!(木原)

こんにちは、木原です。

(↑今日の合格報告会の様子です。今日のプレゼンターは東京大学理科Ⅰ類に進学する清藤担任助手の話でした。とても盛り上がりました!)

明日から4月ですね。新学年に切り替わります。

学年切り替わって最初の模試がいつにあるか知っていますか?

 

 

正解は、、、4/22です。

意外と近くないですか?点数を意識して日々勉強していきましょう!

 

 

今回はセンターの国語について少しお話しをします。

模試ですぐ点数に結びつくのは「古文」だと思います。

単語、文法、敬語、古文常識を抑えることが重要です。

 

 

そこでまず第一に古文の問題を解く上で必要となってくるのは、

基本的な古文単語です。

暗記していないと文章をを読むのに苦労する、難易度によっては読めないという事態も起こりかねません。

あえて「基本的な」という語をつけているのですが、そのレベルはセンターレベルで出てくるレベルの単語です。

 

 

じゃあ基本的な古文単語とは何かというとセンター古文単語250です!高速基礎マスター講座のコンテンツの一つです。

このセンター古文単語250の良いところはセンター試験レベルの厳選された基本単語250個を完璧にマスターできるところであり、単語数も非常に少ないです。

古文の基礎力を付けたい!という方にはうってつけのコンテンツです。

 

 

私も先日約1年ぶりにトライしてみました。正直忘れていた単語も多く、合格の正解率95%には届きませんでした(笑)。

しかし、久しぶりにやってみて動詞と形容詞の出題が多いなと思いました。古文を読むうえで名詞や副詞も大事ですが、やはり動詞、形容詞が最重要です。

自分の古文単語帳で勉強するときも動詞、形容詞から固めていくのがオススメです。動詞、形容詞が定着し、名詞、副詞がある程度覚えていればセンターの古文の問題であれば良い点数を取れるのではないでしょうか?

 

 

250個と厳選されとても数が少ないので頑張って取り組めば1週間で完全修得できます!まだ完全修得していない人は是非トライしてください!

 

明日のブログは伊藤担任助手です。お楽しみに!