受験生時代の夏休みを振り返って(中村) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 8月 19日 受験生時代の夏休みを振り返って(中村)

こんにちは!上智大学1年の中村渚です。

 

前回のブログで竹内担任助手が述べていた通り、今週の日曜日はセンター試験本番レベル模試です!!

夏の頑張りが試される時がいよいよやってきます。

 

私も去年の今頃はがむしゃらに勉強していた記憶があります。

そんな私が今日みなさんにお伝えしたいことは2つ!去年の私の経験からみなさんの勉強の参考になれれば幸いです。

 

①体調管理

これは本当に本当に本当に大事です。

全てのことにおいての大前提が体調管理ですよね。

去年の夏、私は気管支炎になってひたすら咳込んでしました(泣)

どうしてなったのかは今でもわからないですが、当時は咳き込むことでとても体力が奪われ、夕方くらいではいつもぐったりしていました。

また、朝寝坊して「7時に登校できない!!やばい!!!」と思った私は起きてから5分後には家を飛び出して駅まで猛ダッシュした結果、

何も口にしないで起きたばかりの状態で走ったからか電車に乗ってすぐに寒気と吐き気に襲われて途中の駅で死にかけていました(0_0)

朝ご飯を摂ることも体調管理の一環です。とくに今の時期は冷房に当たりすぎて体調を崩したりすることが多く、これは本当にもったいないことなので、普段の時から万全な状態で勉強していきましょう!

 

②時間の管理

東進では毎朝7時半に開いていますが、たとえどんなに早く来たとしても途中で友達とおしゃべりしたりすこし寝ちゃったりすると、その分ロスタイムが大きくなり結局早くきたとしても非常にもったいない結果になってしまいます。

そんな時に活躍するのがストップウォッチやタイマーです!!

勉強している時間を厳密に計れます。在校時間は長くても意外と勉強している時間は少ないことが顕著にわかるので、より一層時間にこだわって勉強することが出来ます。

 

 

1点で合否が分かれるように1分1秒で泣くことのないように。

 

まずは目の前にある模試に全力で臨めるように頑張っていきましょう!!

 

次回のブログ更新は伊橋担任助手です。お楽しみに!

 

各種お問い合わせ