受験生になるということ(綿貫) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 10月 9日 受験生になるということ(綿貫)

こんにちは!立教大学コミュニティ福祉学部1年の綿貫太一です!

今日は体育の日で世間は休日でしたが、大学は今日もいつも通り授業がありました・・・笑

いつも通りの一日でしたが、周りがお休みモードなのを見ると少し悲しかったです!笑

 

 

さて、10月に入り、「自分もこの時期に東進に入学したな・・・」と最近考えていたので、今日はそのことについて話したいと思います!

僕は、高2の11月に東進に入学しました!その時の僕は、センター試験の問題すら見たことがないような生徒でしたが、「そろそろ始めないとやばいな」と思っていました。高校がエルタワー校の近くにあったこともあり、校舎には部活前後にほぼ毎日登校していました。

でも、校舎でやっていたことは受講と高速基礎マスターといたってシンプルでした。

「担任助手をやるような人だからそれくらいは当たり前でしょ」

そう思うかもしれません。

でもそれはみんなやることなんじゃないかなと思います。

例えば。

現在、高1、2生を対象に、「ELZAP」をやっていますが、やらなければならないことは僕が高2の時にやっていたことと似ているなと思います。

校舎に来て、受講をし、高速基礎マスターで単語を覚え、下校する・・・。

当たり前のことを当たり前に出来る人になりましょう。

毎日登校し、毎日10時間勉強し、7コマ受講しなさい。

みたいな難しいことは言ってないですよね。

修学旅行や合唱コンクール。たくさん楽しむ行事もあると思います。

思いっきり楽しんでください。

大事なのはメリハリです。校舎に来たときぐらいは集中しましょう。

それが12月から受験生になってとても大事な力になってきます。

そうなんです。

今高2生のみなさん。

2か月後、皆さんは受験生です。

今見ている高3生と同じレベルで勉強することが必要になります。

高校生活、勉強が全てだとは全く思っていません。

むしろ二番目、三番目でも良いと思います。

でも、だからと言って手を抜いていいとは言っていません。

やるときはやる。集中するときは集中する。

僕が今2年前の自分に言いたいことです。

部活も。行事も。勉強も。全てに全力を注いでいきましょう。

 
 
 
第一歩として!
10 (と) 2 (に) (か) 9 (く) (う)(け)(よ)(う) 全国統一高校生テスト!!!!!
 
 
 
明日のブログは、学習院大学原田担任助手です!
お楽しみに!