受験生、プチ体験(坂本) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 1月 13日 受験生、プチ体験(坂本)

 
 
皆さんこんにちは!法政大学文学部史学科の坂本です!!
 
今年は暖冬と言われ暖かく過ごしやすい日々が続きましたが、試験が近づくにつれてだんだんと寒くなってきましたね。
三学期に入り、学校や塾での周りの環境が著しく変化する季節が今年もやってきました。
去年二年生だったひとは最高学年に、一年生だった人は後輩ができますね!
 
さて、今年受験生になる人、来年の人、さまざまいると思いますが、皆さんは一年後の自分の姿が想像できますか?
なかなか経験したことのない大学受験というものを想像するのは難しいのではないでしょうか。
想像するためには、経験するのが一番
 
センター試験当日、今年度の受験生が受けた問題と同じものを同じ日に受験する、センター試験同日体験受験があります!!受験して、本番同様の緊張感を感じて一年後に備えましょう。
 
と、いうことで今日は、センター本番に行ってほしいこと気をつけてほしいことについて僕からお話させていただきます!
 
まずは、一般的なところから
 
受験票は忘れずに色々なところで言われると思うのですがそれでも忘れる人がいるので言います。
 
次に、受験は鉛筆で!!!シャープペンシルなどでの受験は不可なので気をつけて!
 
一番大切なのは、アナログ時計を持参すること!!当日は会場の時計は外されていて、頼りになるのは持参した時計だけです。今から鞄に予備の時計を一つ入れておくのを勧めます!
 
あとは焦らないこと力まないこと周りに気を取られないこと
自分が勉強したことを出し切れるように、冷静かつ程よい緊張感で臨んでください。
 
最後に、集中力を一瞬であげるには目をつむって1分片足立ちをすることらしいです。
 
 
明日のブログは山上担任助手です。お楽しみに!
 

各種お問い合わせ