受験校の分析の話と現役時代に考えていたこと。(中村良) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 9月 25日 受験校の分析の話と現役時代に考えていたこと。(中村良)

こんにちは、明治大学情報コミュニケーション学部一年の中村良です!

 

もうすぐ10月ですね!そろそろ二次試験の演習に取り組んでいる人も増えたと思います。

恐らく、皆は第一志望の学部だけではなく、他にも何校か受験すると思うのですが、そこで必要になってくるのは、

 

自分の第一志望以外の学部、学校の問題傾向を把握しておくことです。

勿論皆が目指すべきは第一志望校ですが、しっかりとその第一志望校の他学部の傾向、問題を知っておくことは第一志望の学部への対策にも繋がります。

また、第一志望校以外の学校の問題もこの時期から問題傾向を把握しておくことで直前に慌てるようなことがないようにすることが出来ます。 

自分の話を例に挙げると、自分の第一志望校の入試問題には英文和訳、自由英作文の問題は無かったのですが、滑り止めとして受ける大学の赤本を見た際にそれらがあることに気づきました。

先ほども記した通り、目指すべきは第一志望であることに変わりはありません。
しかし、自分の受験校の問題傾向をすべて把握したうえで日々の勉強に臨めば、自ずとその傾向を意識した勉強をできると思います。

出来れば実際に問題を見て研究してほしいのですが、時間がなくて出来ない!!という人は赤本を見るなりして、しっかりと問題傾向を把握しておいてくださいね!

 

また、これは少し話が変わりますが、昨日生方担任助手が「自分が志望校に合格してキャンパスを歩く姿を思い浮かべてみて下さい!」と言っていましたが、自分も現役時代は常にそのことばかり考えていました!!(笑)
加えて、自分は寝るときに実際の試験の時のイメトレをしてました!!

 

朝起きて、身支度をして電車に乗って、単語帳を無心で捲る。

東西線の早稲田駅で降りるとそこには自分以外の受験生が大勢いて、皆が参考書片手に勉強しながら、早稲田大学に向かっていく。

会場に着いて、筆記用具以外を片付けるように指示され、試験開始を告げられるまでの静かでいながら、緊張感に満ちた時間が流れる…

 

自分はほぼ毎晩今の情景だったり、自分が志望校のキャンパスを友達と喋りながら歩いている場面、サークルで早稲田の名前、エンブレムが入ったユニフォームを着てサッカーをする場面を常に想像しながら寝てました!

 

いざ模試になって緊張してしまう人はいますか?

第一志望が明確に描けていない人はいますか?

 

自分は上記のような形でモチベーションを保ち続けたおかげもあってか、受験生活において、勉強を辛いと思ったことは一度もありませんでした

逆にこの勉強をしっかりとやり抜けば、早稲田に行ける!!!と思っていたので、受験生活を結構楽しんでいました!

 

皆が自分の意志でやろうと決めたであろう受験勉強、やるなら楽しんだほうが得じゃないですか?

どんなに厳しいことであっても、その中に本当の楽しさがあると思います。

ゲームなどの娯楽も勿論楽しいけれど、受験生活という厳しい期間を乗り越えて合格の二文字を勝ち取った時の嬉しさはその比ではありません!!

 

厳しい受験生活を出来るなら楽しんで最後までやり抜きましょう!!

自分たち担任助手も全力でバックアップするので、いつでも相談してください!!

 

明日のブログを更新してくれるのは、、、

早稲田大学文化構想学部一年の藤巻小春担任助手です!!

 

大学ではフラダンスに勤しんでいる藤巻担任助手はどんなブログを更新してくれるのでしょうか…!!

 河合先生教育講演会1002