受験のその先へ(福澤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 1月 5日 受験のその先へ(福澤)

 

みなさんこんにちは。福澤です。

高校三年生に対してセンター試験会場の門扉はゆっくり開き始め、高校二年生もセンター同日受験が迫ってきましたね。

大学生になった今でも、この時期になると受験シーズンであることが僕の頭に強く意識されるくらいなのですから、高校生のみなさんの中には大学受験に対する様々な感情が渦巻つづけていると思います。

大学受験が意味するものは、多くの人が共有する部分もあれど各々によって違いますし、皆さんの中にも自分なりの大学受験に対する意義があるでしょう。

受験のその先に待っていること。受験を経て自分が得られるであろうもの。このセンター直前という時期に、もう一度それを見つめ直してみましょう。

今センターをすぐ目の前まで控えている受験生はよくよく身に染みて分かると思いますが、受験勉強では自分がいかにポンコツであるかが思い知らされると思います。

大事な試験が短期間にいくつも来たら、どうしてこんなにテスト尽くしなんだ、疲れちゃうとすぐに弱音をはく。テストを受けている間、またはテストの結果が返ってきたとき、なんでこんなに自分はできないんだ、第一志望なんてほど遠いやとまた弱音を吐く。うっかりいい点が取れると、できなかったところの復習をおろそかにして喜ぶ。できなかった時もその結果から逃げたくて復習なんてしない。勉強がうまくいかないのは自分のせいなのに周りに八つ当たりする。何度覚えても社会科目の知識が抜ける。ついこのまえやった数学の問題が解けない。集中が切れるとすぐに意識が逃避を始める。

なんと出来の悪いことでしょう呆れてしまいますね。

ですが、受験生という存在は、これらの弱さと闘い続ける存在なのです。闘い、時にくじけ、それでも負けたくないと自分を奮い立たせ、また前に進んでいくのです。そうして受験本番にのぞみ、自分の努力に見合う結果を手にする。

これから先、みなさんが受験を終えても、みなさんの前には受験以上の難関があらゆる形で立ちはだかります。その時もみなさんはまた、自分のポンコツっぷりを目の当たりにしなければならないでしょう。ですが、自分の手元には過去に難関に立ち向かい、苦心しながらも前進した過去が握られているわけです。自分のポンコツ具合なんてとうに知っていて、それをどう補うかも承知済みなのです。

受験という社会的価値が強く付与された試験を乗り越えた先に、これから来る荒波を乗り越え生きる自分の姿が待っています。

皆さんが受験で得られるもの、心の中に宿るものは他にも多くあります。自分が得るべきものは全て受けきって、受験当日まで駆け抜けましょう!

明日のブログ更新は、慶應大学経済学部に通う松尾担任助手が行います!

 

⇒お申込みは校舎にご連絡ください。

⇒お申込みは上記バナーをクリック