受験において最も大切なこと(村山) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 12月 23日 受験において最も大切なこと(村山)

 

みなさんこんにちは!

立教大学2年の村山亮太です。

 

今年も残すところはあと一週間ほどになりました。

思い残すことがないよう、残りの一週間を全力で過ごしましょう!

 

 

さて、今日東進ハイスクールではセンター試験本番レベル模試が実施されました。

受験生にとっては本番前最後の、そうでない人にとっては東進での新学年として受ける最初の模試となりました。

 

各々復習をして来月に控えたセンター試験、センター試験同日体験受験に向けての学習計画を再考していきましょう!

 

今日はタイトルにもあるようにみなさんに僕が考えている受験において最も大切なことをお伝えしようと思います。

受験において大切なことはたくさんあります。

努力すること、自分の将来について考えてみることなど挙げていけばキリがありません。

 

しかし、僕は最後まで受験をやりきるということが最も大切だと考えています。

大学受験とは、単なる大学に入るための手段ではありません。

大学受験とは人を成長させる教育カリキュラムです。

 

そして大学受験で人間的に成長する人は、最後まで受験をやりきる人です。

それはなぜか。

大学受験をすると決めたのはみなさん自身だからです。

 

極端な話、大学受験なんてしなくても人は生きていけます。

それでもみなさんはあえて大学受験をするという道を選択しました。

大学受験に限った話ではありませんが、自分で決めたことを最後までやりきれないような人はいつまで経っても成長しません。

自分で決めたことなら、自分の選択にプライドを持って最後までやりきってください。

 

僕は本当にこれを願っています。

受験生には来月、そうでない人には一年後、二年後、三年後にやってくる入試本番。

最後まで受験をやりきる覚悟を持って、今目の前にある勉強に臨んでほしいと考えています。

 

応援してます。

最後まで頑張りましょう!!

 

明日のブログ担当は明治大学の山本日登美担任助手です。

お楽しみに!

 

 

各種お問い合わせ