受験という壁(村山) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 9月 25日 受験という壁(村山)

 
みなさんこんにちは!
 
立教大学2年の村山亮太です。
お久しぶりですね。
 
 
9月もすでに最終週にさしかかり、10月を迎えようとしています。
今日は寒かったですし、冬が近づいてきたなーと考えていました。
 
さて、夏休みが終わり1ヶ月程度経ちましたが受験生のみなさんは志望校対策の勉強は進んでいるでしょうか?
受験生でない方もセンター同日受験に向けての勉強ははかどっているでしょうか?
 
「もうすぐセンター試験だ」
受験生はもちろんのこと、受験生でない方も実感が湧いてきたかと思います。
 
今日は受験生に焦点を当てて記事を書きますが、受験生でない方もぜひ最後まで読んでみてください。
 
 
9月に入ると多くの受験生は志望校対策を本格的に始めます。
今までに体験したことのない難易度の高い問題に出会ったり、第一志望校の過去問を解いて現在の自分の実力とのギャップに落ち込だり驚いた人もいるかもしれません。
 
しかし、そんな人に送りたい言葉があります。
かつての南アフリカ共和国の大統領で民族和解・協調政策に尽力したネルソン・マンデラの言葉です。
 
“It always seems impossible until it’s done.”
“何事も成功するまでは不可能に思えるものである。”
 
今は実力が伴っていなくて第一志望合格がはるか遠くに思えたとしても、みなさん自身が絶対に合格するという気持ちを忘れずに疑念が確信に変わるまで努力し続けてください。
 
受験というものは、みなさんの前に立ちはだかっている壁です。
しかし、月並みの言葉で表現すれば神は超えられない試練は与えません。
今のみなさんの愚直な努力が必ず壁を超えるための力になります。
それは受験生でない方も一緒です。
 
 
「努力は必ず報われる」
この言葉はみなさんも何度も耳にしてきたものだと思います。
あまりに耳にし過ぎて、安っぽい言葉だと揶揄する人もいるかもしれません。
しかし、ではなぜこの言葉はずっと昔から私たちの耳に届き続けるのでしょか。
 
答えは簡単で、この言葉が真実だからです。
 
みなさん、受験最後の日まで妥協せずに全力で努力し続けてください。
私たちはそれを全力でサポートし、応援します。
もし悩みやつらいことがあれば、いつでも力になります!
 
一緒に受験という壁を越えていきましょう!
 
 
明日のブログ担当は早稲田大学の鈴木晴香担任助手です。
お楽しみに!
 

各種お問い合わせ