受験から(塩原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2015年 11月 9日 受験から(塩原)

 

みなさんこんにちは。

担任助手2年の塩原佳之です。

 

何だかかなり寒くなってきましたねー。でも、まだ11月です。これからもっと寒くなりますよー笑。

体調崩さないようにしっかり自己管理していきましょう!!

 

それでは、本題に入りたいと思います。

今回は、受験から何を得るか?ということをテーマに話していきたいと思います。

 

まず、お聞きしたいことがあります。

受験を通して得られるもの、それは知識だけだと思いますか?

 

こんな聞き方したらこれからの話の展開が読めてしまうかもしれませんが(笑)、もちろん答えはノーです。

 

では、何を得られるのか。

 

正直なところ、受験を通して得られる知識以外のものは個人差がかなり大きくあると思います。

 

例えばですが、A君とB君がいたとします。

A君は、自分で自分の限界を決めてしまった結果、S大学へ。

B君は、自分の限界を設けずに努力した結果、S大学へ。

 

両者ともにS大学へ進学していますが、B君の方が受験を通して成長したと思いませんか?

それは、なぜかというとB君は言い訳を作っていないからです。

 

先ほど、受験を通して得られるものには個人差があると言いましたが、差が出る大きな要素として自分に言い訳して勉強から逃げるかどうかということを挙げておきます。

 

受験勉強程度で言い訳してしまう人などたかが知れています。

 

僕が好きなクリスティアーノ・ロナウドの名言があるので紹介しておきます。

 

”苦しみのない栄光などない”

 

恰好いいですね。

僕も体を絞るために筋トレしたり、ランニングしたり、食事制限したり、ちょっとたまに気が抜けて甘いものも食べますが、もっと上を目指したいから努力し続けます。これからも。

 

だけど、僕がなぜ今そういったことを徹底できるか。

それは、受験を通して、自分の努力から目標を達成することのこの上ない喜びの感覚を得ることができたからです。

 

第一志望に落ちるかどうかなんて関係ありません。僕も落ちました。

 

それよりも、受験を通して何を得るか

ただただ愚直に勉強することだけが受験勉強ではありませんよ。

 

受験から得られることはその後の人生に響いてきます。

まずは、自分に言い訳せずにやってみる、これを実行してみてください。

 

今まで見たことのない世界を見れるかもしれませんよ!!

 

明日のブログ担当は坂本担任助手です。

お楽しみに!!

 

各種お問い合わせ