勝負の一ヶ月(松田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 1月 17日 勝負の一ヶ月(松田)

こんにちは(^^)/

明治大学 政治経済学部 松田夕舞です!

『センター試験』が終わり、3日が経ちました!

受験生活も残り僅かとなってきました。

受験生の皆さん、いよいよ、集大成ですね。

今日は、残り1ヶ月となった受験生活を送る上で、私から受験生の皆さんにお伝えしたいことがあります。

どうしても私が伝えたいのは

ここからの1ヶ月の頑張りが二次試験の合否の結果に直接関わる」ということです。 

そんなこと言われずとも、みなさん分かっていると思います。

しかし、

センター試験で思うような結果を出せず、今までやってきたこの努力はなんだったのだろうと、もやもやを抱えながら勉強をしている人。

センター試験で予想以上に得点できて、「意外と受験いける!」と心のどこかに余裕を感じている人。

センター試験でいつも通りの点数をとり、今までくらいの努力量で頑張ればいいと、落ち着いている人。

様々な人がいると思いますが、上記に書いてあるような人達は全員、もう一度自分の心と向き合う必要があります。

受験生活最後の一か月、自分の天井を突き破れるくらいの努力をすることで、合格を勝ち取ることが出来る

この事実が変わらない中で、みなさんには、少しも立ち止まっている暇はありません。

 

みなさんは自分の1番行きたい大学の合格を勝ち取るために、長いことかけて勉強してきて、今はまだ、その通過点にすぎない。

だからこそ、

センター試験の結果がどうであれ、前を向き続けること。

自分の出来る限りの努力を続けること。

 

他の誰に何を言われようと、自分の可能性を自分でつぶすことはしないでください。

夏休み、あれだけ必死に頑張ってきた自分、毎日眠い目をこすりながら机に向かって必死に頑張った自分、悔しい思いをしながらあきらめずに志望校に向かって頑張ってきた自分、皆さんの中にはたくさんの皆さん自身の姿があると思います。

『全力だった今までの自分に胸が張れますか。』

 

この言葉を、自分自身に問いかけながら頑張り続けてください。応援しています!

 

 

 

明日のブログは、慶應大学経済学部 吉田担任助手です!(^o^)丿お楽しみに!