勝負に勝つために(中川) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 12月 27日 勝負に勝つために(中川)

みなさんこんにちは。早稲田大学法学部中川雄真です。

先日校舎に掲示された、『2018年度 入試対応大学難易度一覧(私立大編)』(東進ハイスクール)を見ていましたら、なんと!早稲田大学法学部が他の名だたる大学・学部を抑え、見事!偏差値トップに輝いていました!!(※あくまで東進の作成した一覧表の情報です。)

嬉しい!

T・O・P!

 

 

そんなことはさておき、12月最終センターレベル模試ちょっと難しかったくらいで落ち込んでいる受験生が多すぎる。

ここでブレーキをかけるのは非常にもったいないです。

 

今回の模試で点数が下がった人たち、

それは「過去問対策」をしていたからです。

今までのセンター模試はその模試にそなえてずっっと「センター対策」をしていましたよね?

でも今回は違いました。みんなずっと過去問を解いていたんですね。

過去問の傾向を掴み、どうしたらその過去問が解けるようになるか研究して、克服していく。

この間にセンターの問題はほとんど触れていないはずです。

つまり、今回の模試で点数が揮わなかったのは「対策」による点数がなくなったからです。「センター対策」ではなく「過去問対策」にシフトしたために、センター試験での「対策」による点数が必然的に減少したのです。「実力」による点数は変わっていないはずです。いや、むしろ上がっているはず。

落ち込む必要はないです

今日ブログのテーマを「勝負に勝つために」としましたが、受験勝負です。足をすくわれては負けてしまいます。

これからは何事もプラスに考え当日を迎えてほしいです。

自分ことを自分でさげすんでいる人が勝負に勝てると思いますか?

俺はいける」と根拠のない自信を掲げている人のほうが勝利に近いと僕は思います。

受験生のみなさん。残りの時間は短いです。何事もやれるように考えて下さい。応援してます!

 

明日は東京大学文科一類新倉さんです。ありがたいお話に期待しましょう!