勉強中や試験中の妨害に負けるな!!(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 9月 13日 勉強中や試験中の妨害に負けるな!!(菅原)

みなさん、こんにちは!

青山学院大学1年の菅原魁人です!

 

今回は自分が勉強中や試験中に体験した出来事を書きたいと思います。

 

まずはセンター試験当日に起こったことです。

同じ高校の人が様々な教室でセンターを受験する中で自分は4人の同じ高校の人と同じ教室で受けることになりました。

そこで悲劇は起こってしまったのです。

あれだけ広い会場の中でまさかの隣が同じ高校の人でした。

実際そのことについては気にしていなかったのですが、

試験中その子がずっと唸っていたのです、、、

なぜか唸っているのか聞いてみたところ

「問題が分からなくて無意識のうちに唸っていたかもしれない」と言っていました。

こんな言い訳したくはないですが正直驚きすぎて

中々集中することができませんでした泣

結局は自分の集中力が足りてなかったのが問題だったのですが、、、

みなさんにももしかしたらこのようなことがあるかもしれないので周りがうるさくても気にしないような努力を行ってみてください!

 

次は2次試験会場で起こった出来事です。

これもまた試験中に起こったのですが自分の席の左前の生徒が10分に1回くらいの頻度で

試験監督に「鞄を椅子の下にしまってください」と注意されていました。

これもまた周りの受験者の迷惑だったと思います。

 

同じ高校3年生でも何度言われてもなおさない人いるんだな~と思う人が結構たくさんいます。

みんながみんな自分と同じと考えてはいけませんね。

なので、周りがいくらうるさくても試験監督が注意しない限りは決してその人たちのせいにしてはいけません。

また、そのくらいの騒音には耐えられるような集中力を身に付けてください。

 

みなさんがこれから勉強している最中や試験中で様々な妨害があると思います。

しかし、それは勉強しているうえでどうしても起こってしまうことです。

もしも、そんなつまらない理由で落ちたとか考えるのならばそれはそれで良いでしょう。

しかし自分はそんなことを考えるであろう人たちには

それを気にもしないような集中力もないのかと聞きたいし

それに耐えられるよな集中力くらい付けてくれと言いたい。

 

マークするところ間違えたとか周りがうるさいとか時間配分間違えたとか急にで焦ると思います。

焦ってしまうのはしょうがないことです。なのでなるべくその時間を少なくしましょう。

 

そのときに

「自分ならできる」

とかそんな感じのことを心の中でつぶやくと良いかもしれませんね。

 

明日のブログは慶応大学1年の松尾担任助手です!

お楽しみに!