全統まであと一週間!! | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 10月 24日 全統まであと一週間!!

 

みなさんこんにちは!

慶應大学経済学部に通う一年担任助手の松尾です。

写真は難関ホームルームを宣伝する担任助手と生徒です!

今日話すことはたったの1つなのですべて覚えて帰ってほしいです!。

それはセンター演習の重要性についてです。

全国統一高校生模試まで一週間を切った今日は10月24日です。センター試験本番は1月14日なので残り82日。

つまり、2.5ヶ月くらい。国立を受ける人は5教科7科目なので毎日一つの科目を仮に全力で勉強したとしても

82÷7=11.7日。つまり11日しか勉強できません。

つまり何が言いたいかというとですね、本当に時間がないってことです。

じゃあ、それが分かったとしてどんなことをすればこっから二ヶ月で

自分の点数を飛躍的に伸ばすことが出来るでしょうか?

それは精神面と学力面の二つの面から考えてみたいと思います。

学力面からみると今のこの時期にやらなければいけないことは、

ひたすらにアウトプット(問題を解く)をして間違えたところをすぐさまインプットする(覚えなおす)。そしてまたアウトプットして(問題を解いて)間違えたところをすぐさまインプット(覚えなおす)。の繰り返しだと思います。そして自分でもうわかった!この問題ならどんなふうに聞かれても答えられる!と自信を持って言える問題を増やして行くことが大事だと思います。

これは東進で言えば、過去問演習講座センター対策でしょう。

皆さんちゃんとやってますか?やってたとしたら、ちゃんと復習できてますか?

精神面からみたらそれは経験でしょう。試験本番で計算ミスをしてしまうとかスペルミスをしてしまうとかの一番大きな原因は量が足りてないということです。つまり、もっと過去問演習講座センター対策をしろ!ということなんです。

ふたつの切り口からみてもセンター演習の重要性がわかってもらえたかと思います。

再告知ですが、全国統一高校生模試まで一週間きりました!!

ってことでみなさん勉強頑張りましょう!

明日のブログは東京大学に通う綱分担任助手です!