何故まだ焦ってないの?何故まだ安心出来るの? (菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 6月 16日 何故まだ焦ってないの?何故まだ安心出来るの? (菅原)

どうも皆さんこんにちは!

青山学院大学理工学部1年の菅原魁人です!
(写真は新宿エルタワー校で行われている数学計算演習会の様子です) 
 
最近、青学の人がSEIYUでサンバダンスを踊ってそれを拡散されて悪いイメージがついてしまいました(´;ω;`)
(せっかく駅伝で有名になれたのに、、、)
 
ただ、そういう人達ばかりではありません!
というかそういう人達はごく一部です(´・ω・`)たぶん
 
みなさんはしないようにしましょう。
 
そんな青学ですがこれからもよろしくお願いします。m(_ _)m
 
さて、本題に移りましょう。
 
みなさん、センター試験まで残り何日か知っていますか?
実は211日です!
 
といってもまだ211日もあるのか…とか
夏から頑張ろうとか思う人もいるかもしれません。
しかし、みなさんは1度は先輩とかから「受験まであっという間」とか
「気づいたら終わってた」とか言われたことがあるかと思います。
その通りで気づいたら残り100日になってしまい、
そこからは試験日までの時間が今以上に短く感じることでしょう。
 
何が言いたいかというと
何故まだ焦っていないの?何故まだ安心出来ているの?
ということです。
 
この校舎に通っている生徒でもまだ気持ちがしっかり変わっていない生徒がいます。
例えば、高3生の中には
「日曜日は休憩したい」
「夜まで残らないではやく帰って寝たい」
「朝は眠いので…」
というように様々な言い訳が聞こえてきます!
 
やらないといけないのは本人達が分かっているはずなのに何故か動こうとしない。
こういうひとはこのままでは確実に受験に落ちる。
 
何故かというと(以下は自分の去年の経験です。)
自分は去年の春に交通事故に遭い
入院をしていて全く勉強ができていませんでした。
しかし、その後退院してすぐに東進に入学し
そこから受験勉強を本格的に始めて行きました。(7月半ば頃)
入学してからは毎日登校し閉館まで残り朝も開館には来ていて
今までで1番勉強してるなと感じるくらいでした。
しかし、夏から始めたのでは正直遅すぎた訳で
結果第一志望には届くことができませんでした。
 
つまり、正直なところ今から一生懸命頑張ったところで
第一志望に受からない可能性が大きいということです。
周りの人は君がはじめようと思うずっと前からすでに始めているんです。
それなのになぜまだ眠いとか疲れるとか言ってられるの?
自分にはまだそんなことを言っているのがとても信じられません。
 
こんなことを書きましたが皆さんに受験を諦めろと言っている訳ではありません。
今から始めても第一志望に受かる可能性が数%しかないよということを伝えたかったのです!
変わろうって思った皆さん、受験まで時間はないです!
まだまだ諦めないで残りの数%を少しずつでも上げて第一志望合格しましょ!
自分たちも全力でサポートしていきます!
 
明日のブログは上智大学1年菊地担任助手です!
お楽しみに!