低学年注目!(中山) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 9月 15日 低学年注目!(中山)

こんにちは!中央大学1年生の中山葉月です!

新学期始まってしばらくたち、学校の生活にも慣れましたでしょうか。

中央大学は21日から秋学期が開始します。大学では履修登録といって自分で受けたい授業を選んで自分で登録できるのですが、秋学期の始めにもそれがあって、いま私はどんな授業をとろうかまよっているところです。

 

突然ですがみなさん、培養肉ってご存知ですか?

培養肉とは、動物の個体からではなく、筋肉の細胞を培養することによって得られた肉のことです。

培養肉は動物を殺すことなく肉を生産できるということや、環境負担が少ない(家畜をそだてる為の穀物がいらない、家畜の数の減少により二酸化炭素やメタンなどの排出量を減らすことができる、など)ことから注目を浴びています。

 

このような「細胞を使ったもの作り」は他にもいろいろな研究があります。

例えば犬の鼻の細胞のような嗅覚センサを持つ細胞で三次元組織を作れば匂いに対して超高感度なセンサーができたり、ヒューマノイドの皮膚をヒトの皮膚そのものでつくったりなど。

夢が広がるような研究がたくさん行われています。

このような研究の最先端を走られているのが竹内昌司先生です。!

そう、9月22日に開催されるサイエンスセミナーに来て講義をしてくださる竹内昌司先生です!!

サイエンスセミナーには今回もう一人、笹川崇男先生も来て下さり、省エネな電子機器や超高速なコンピューターなどの実現に役立つと期待されている画期的な電子の性質について講義してくださいます。

そしてそして会場はなんと、帝国ホテルです!

帝国ホテルって行ったことありますか?

オリンピックの日本代表選手団の壮行会などが行われるようなすごいホテルで、これだけでもなかなか貴重な体験が出来ると思います。

文系だから興味がない・・・というのはもったいないです!

自分から進んで関わらないジャンルだからこそ、こういう機会に関わってみれば、新しい発見があるはずです。

 

 

 

明日のブログは上智大学1年生の新開担任助手です!お楽しみに!