人が恋に落ちる瞬間がわかる・・・?(中山) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 1月 30日 人が恋に落ちる瞬間がわかる・・・?(中山)

 
こんにちは。
中央大学法学部1年中山です。
 
 
2/17(土)は何の日でしょう。
  
 
トップリーダーと学ぶワークショップ
 
です!!!
 
今回講演して下さる先生は、、
前田栄作先生です。
 
ということで今回は、前田先生が研究されている”AI”について書きたいと思います。
 

目次

 
1  前田栄作先生について
2 身近にあるAI技術
3  恋に落ちた瞬間を認識できるAI
 
 

1 前田栄作先生について

 
前田先生は東京大学理学部生物学科卒業後、NTTに入社。言語処理や生物情報処理、統計的学習などについて研究し、2000年から2005年にかけて過去の新聞記事データから解答をはじき出す質疑応答システム「SAIQA」を開発しました。
 
こうした技術をベースにNTTドコモの音声機能サービス「しゃべってコンシェル」を開発された、AI研究のトップを走る方です。
 
 

2 身近にあるAI技術

 
AI技術が身近にある、と言われてもあまりピンとこない人もいるかもしれません。
例えば、先ほど挙げた「しゃべってコンシェル」や「siri」などの音声認識エンジンや、東大合格を目指すロボットの「東ロボくん」、お掃除ロボットのルンバなど人間の能力を模したAIもあれば、
アルファ碁のようや既に人間の能力を超えているようなAIもあります。
 

3  恋に落ちた瞬間を認識するAI

 
人間の様々な属性(例えば顔、指紋など)を識別するパターン認識という技術は、さらに人間の感情を読み解く段階に来ています。
 
AIは瞳孔の開き、瞬きの回数、視線の動きなどによって、相手の心の状態がわかってしまうところまで研究が進んでいるのです。
この技術によってAIは、本人も気がつかないような心の動きに気がつくことができるのです。
 
例えば誰か好きな人ができたとき、昔を振り返ってみると『いつの間にか気になっていた』なんてことがありますよね。AIは、そんな変化を見逃さず人が恋に落ちた瞬間を記録する、なんてこともできるようになるかもしれません。
 

まとめ

AIが人間の知能を超える「シンギュラリティ」が2045年に起こると言われていたり、今ある仕事の45パーセントをを将来的にはAIが人の代わりに行うようと言われていたり。

それらがよいことなのか悪いことなのか、それは一概には言えませんがいずれにしてもAIと人間の共存については私たちが考えなくてはならない課題であることは間違いないですね。

 

このブログを読んで少しでもAIに興味を持ってくれた人は是非2/17のトップリーダーに参加しましょう!