一大学生の夏休み(福澤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 9月 19日 一大学生の夏休み(福澤)

こんにちは、福澤です!

 

今日は大学生がどんな夏休みを送っているのか(世の中の大学生一般の夏休みについてというより、僕個人の夏休みの話になりますすが…)についての話を書こうと思っています。

というのも、

僕の夏休みはまだ終わっていないのです。

僕が通っている早稲田大学では、8/3~9/20が夏季休業期間、つまり夏休みとなっています。

ほぼ二か月もの間、夏休みがあるわけです。

僕の場合、中学でも高校でも夏休みは一カ月だったのに、大学に入ったらいきなり倍になったのです。

しかも、僕の大学、学部では夏休み中の課題がありません!

そんなオールフリーな夏休み、過ごし方も様々です。

 そこで、僕がこの夏に経験したことで、皆さんに話しておきたいことを一つ、ここに記そうと思います。

僕は8月上旬に、現在所属しているNGO団体の国際イベントに参加するため、コロンビアに行きました。

南米に行くのは初めてであり、あまりにも長い渡航時間、乗り継ぎの多さにへとへとになりましたが、イベント自体はとても刺激的で、良い経験になりました。

イベント内では激しいディスカッションが頻繁に行われ 、それを通して現地の人の口から他国の文化や現行の社会問題などを知ることができました。ニュースなどで聞くときとは異なり、それらは現実味を帯びて聞こえ、感慨深いものがありました。

 みなさん、受験勉強を通して知識が増えると、その知識に基づいてやりたいことが増えてくると思います。僕は、世界史の勉強を通して、他国の人ともっと交流できる機会を得て、相手の国の歴史や文化について深く語り合いたいな…などと漠然と考えていました。

勉強に関することでなくとも、受験勉強でせっぱつまっている時は特に、「受験が終わったらこれしたい…」と思うことがいくつかでてくると思います

やりたいことなどに書き出すことは、志望校合格へのモチベーションをあげることや、ストレス解消のためには効果的ですよ!

そして、自分の未来の可能性を膨らませてくれる「勉強」ができること、思う存分勉強する時間が確保されていることに感謝しましょう、受験生のみなさん!

 

河合先生教育講演会1002